(最終更新日:2022-08-22 11:00:41)
  マキノ ヨシノリ   MAKINO Yoshinori
  牧野 好倫
   所属   埼玉医科大学  医学部 国際医療センター がんゲノム医療科
   職種   教授
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/10~2020/03  腎機能低下時、軽体重時におけるオシメルチニブ療法の薬物動態、用量反応関係を検討する第1相試験 競争的資金等の外部資金による研究 (キーワード:オシメルチニブ、抗悪性腫瘍薬、薬物動態、腎機能障害、軽体重、適正使用)
2. 2020/10~2023/03  薬物動態/薬力学的指標を変動要因とする用量-反応関係に基づくアムルビシン療法に伴う好中球 減少の重篤化回避のための治療薬物モニタリング試験 競争的資金等の外部資金による研究 (キーワード:アムルビシン、抗悪性腫瘍薬、PKPD、TDM、発熱性好中球減少)
3. 2021/04~  ファーマシーテクニシャン制度の創生並びに新たな薬剤師教育の制度設計に関する研究 基盤研究(C) 
■ 現在の専門分野
医療薬学 (キーワード:臨床薬理学、薬物動態学、薬力学、治療薬物モニタリング、がん薬物療法) 
■ 受賞履歴
1. 2020/12 臨床薬理研究振興財団 第31回 臨床薬理研究振興財団賞 (Individual optimal dose of amrubicin to prevent severe neutropenia in Japanese patients with lung cancer.)
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  Evaluation of hepatic CYP3A enzyme activity using endogenous markers in lung cancer patients treated with cisplatin, dexamethasone, and aprepitant. 2022/04/01 Link
2. 学術雑誌(症例報告)  Exacerbation of atrioventricular block associated with concomitant use of amlodipine and aprepitant in a lung cancer patient: A case report 2021/04/01
3. 学術雑誌(原著)  Nausea and vomiting during post-transplantation cyclophosphamide administration. 2020/07/12
4. 学術雑誌(原著)  Individual optimal dose of amrubicin to prevent severe neutropenia in Japanese patients with lung cancer 2019/09/04
5. 学術雑誌(原著)  Evaluation of aprepitant and fosaprepitant in pediatric patients 2019/01/07
■ 学会発表
1. Pharmacokinetic and dose-finding study of osimertinib in patients with impaired renal function and low body weight. (口頭発表,一般) 2022/02/17
2. Pharmacokinetic and dose finding study of osimertinib in patients with impaired renal function and low body weight. (ポスター,一般) 2021/09/17
3. 抗がん薬の臨床薬理学的アプローチによる投与量設定のためのツール開発 (口頭発表,一般) 2021/05/30