(最終更新日:2021-12-07 11:27:21)
  ウラニシ コウスケ   URANISHI Kosuke
  浦西 洸介
   所属   埼玉医科大学  医学部 ゲノム基礎医学
   職種   助教
■ 現在の専門分野
医化学, 分子生物学, 発生生物学, 細胞生物学 (キーワード:ES細胞、自己複製、精子幹細胞、配偶子形成、発生、PRC1、Mga) 
■ 受賞履歴
1. 2011/03 金沢大学 金沢大学 平成22年度金沢大学大学院医学系研究科(修士課程)優秀論文賞
2. 2012/06 ISSCR 10th Annual meeting Travel award
3. 2019/09 埼玉医科大学 埼玉医科大学2019年度学内グラント 関口記念特別賞
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  Repression of germline genes by PRC1.6 and SETDB1 in the early embryo precedes DNA methylation-mediated silencing 2021/12/02
2. 学術雑誌(原著)  Two DNA binding domains of MGA act in combination to suppress ectopic activation of meiosis-related genes in mouse embryonic stem cells 2021/07/05
3. 学術雑誌(原著)  Identification of germ cell-specific Mga variant mRNA that promotes meiosis via impediment of a non-canonical PRC1 2021/05/06
4. 学術雑誌(原著)  Long noncoding RNA pncRNA-D reduces cyclin D1 gene expression and arrests cell cycle through RNA m6A modification. 2020/04/24
5. 学術雑誌(原著)  Transformation of normal cells by aberrant activation of YAP via cMyc with TEAD 2019/08
全件表示(11件)
■ 学会発表
1. MaxノックアウトES細胞は哺乳類で減数分裂の開始機構を研究する有用なツールである (ポスター,一般) 2019/09/14
2. Mgaが有する2種類の異なるDNA結合領域は互いに独立してターゲットを認識する (ポスター,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2019/09/14
3. Germ cell specific generation of Mga variant that may facilitate meiotic process (ポスター,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2019/05/25
4. ES細胞におけるMgaのDNA結合部位特異的ターゲットの同定、およびPRC1.6複合体の動態変化の検証 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2019/05/24
5. ES細胞におけるMgaの下流因子の探索 (ポスター,一般) 2018/11/30
全件表示(9件)