(最終更新日:2023-07-08 17:58:32)
  コタニ ノリヒロ   KOTANI Norihiro
  小谷 典弘
   所属   埼玉医科大学  医学部 医学研究センター
   職種   教授
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2022/02~2023/03  血中分泌小胞成分における分子会合体腫瘍マーカー検出技術の開発 競争的資金等の外部資金による研究 
2. 2021/04~  「共通がん抗原」発掘を目指した分子会合体がん抗原の解析 基盤研究(C) 
3. 2021/04~  がん細胞上分子会合体を標的とした新規抗体医薬創薬システムの構築 競争的資金等の外部資金による研究 
4. 2021/04~  エクソソーム内microRNAを介したSGLT2阻害薬の心保護メカニズムの解明 基盤研究(C) 
5. 2018/04~  がん診断法への応用を企図した細胞外小胞上に発現する分子会合体の解析 基盤研究(C) 
全件表示(15件)
■ 現在の専門分野
分子生物学, 細胞生物学, 薬系衛生、生物化学, 医化学 (キーワード:細胞膜、分子会合体、腫瘍) 
■ 受賞履歴
1. 2012/02 高知大学研究顕彰 若手教員研究優秀賞
2. 2012/11 JB論文賞(日本生化学会)
3. 2008/02 第7回 KMS Research Meeting 若手奨励賞
4. 2007/08 第27回日本糖質学会年会ポスター賞
■ 著書
1. 単行本  Kotani N., Miyagawa-Yamaguchi A, Honke K.
The Enzyme-Mediated Activation of Radical Sources (EMARS) Reaction: A New Tool for Identification of Membrane Microdomain-Associated GPI-Anchored Glycoprotein Partners In: Barchi, Jr, Joseph (ed.)
Comprehensive Glycoscience, 2nd edition vol. [5], p364-371 (2021)., Comprehensive Glycoscience, 2nd edition 2021/06/21
2. 単行本  EMARS Method: Tool for Molecular Interactome. Analytical and Structural Approach, Glycoscience Biology and Medicine 2015/01
3. 単行本  「第三の生命鎖 糖鎖の機能と疾患」第4章 第三の生命鎖に迫る技術革新の最前線 EMARSを用いた最近の研究「実験医学」 2013/06
4. 単行本  細胞膜上分子間相互作用の生化学的可視化「高知大学リサーチマガジン」 2009/03
5. 単行本  第一章 技術編 糖鎖構造解析技術の開発と医療応用「膜マイクロドメイン糖鎖機能の解明をめざして」「遺伝子医学MOOK」 2008/11
全件表示(6件)
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(総説)  Proximity Labeling and Proteomics: Get to Know Neighbors. 2023
2. 学術雑誌(原著)  Host cell membrane proteins located near SARS-CoV-2 spike protein attachment sites are identified using proximity labeling and proteomic analysis. 2022/09/22
3. 学術雑誌(原著)  Ganglioside GD2 Enhances the Malignant Phenotypes of Melanoma Cells by Cooperating with Integrins 2022/01/01
4. 学術雑誌(原著)  Proximity Proteomics Has Potential for Extracellular Vesicle Identification. 2021/06/11
5. 学術雑誌(原著)  Ezetimibe impairs transcellular lipid trafficking and induces large lipid droplet formation in intestinal absorptive epithelial cells 2020/08/18
全件表示(54件)
■ 学会発表
1. 糖鎖研究から始まった「近接プロテオミクス」の発展とその展望 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2022/10/01
2. Proximity proteomicsを用いたパンデミックウイルス(共)受容体候補スクリーニング法の開発 (ポスター,一般) 2021/12/01
3. Bimolecule detection for Screening of Cancer Extracellular Vesicle (ポスター,一般) 2021/09/30
4. 新規腫瘍抗原としての腫瘍細胞膜上分子会合体 (口頭発表,一般) 2020/10/01
5. 脾臓組織培養により出現するコロニー形成接着細胞の解析 (ポスター,一般) 2019/12/04
全件表示(73件)
■ 取得特許
1. 2020/05/27 細胞外小胞におけるタンパク質複合体解析に基づく肺がんの検査法(2020-092609)
2. 2019/10/31 新規肺がんマーカー(2019-190883)
3. 2012/02/24 細胞膜上分子と相互作用する化合物の検出方法(特許第4929462)
4. 2010/07/09 細胞膜上分子と相互作用する化合物の検出方法(特許第5773405)
■ 専門医・専門性キーワード
専門医取得の有無:無し
Proximity Labeling
分子生物学
糖鎖
脂質ラフト
細胞膜