photo
    (最終更新日:2021-07-14 11:39:30)
  ムラコシ タカユキ   MURAKOSHI Takayuki
  村越 隆之
   所属   埼玉医科大学  医学部 生化学
   職種   教授
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2002/10~  扁桃体における神経回路オシレーション 個人研究 
2. 2008/04~  帯状回皮質におけるストレス適応メカニズム 個人研究 
■ 現在の専門分野
神経科学一般, 薬理学, 医化学 (キーワード:辺縁系、シナプス伝達、扁桃体、帯状回、オシレーション、ストレス) 
■ 著書
1. 単行本  「『標準薬理学』第7版、今井正・宮本英七監修、第21章“呼吸器系”」 2015/03
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  Tumor-dependent secretion of close homolog of L1 results in elevation of its circulating level in mouse model for human lung tumor 2018/07
2. 学術雑誌(原著)  Analysis of Lipid Raft Molecules in the Living Brain Slices. 2018/10
3. 学術雑誌(原著)  大腸腫瘍における腫瘍組織テロメラーゼ活性に関する検討 2016/08
4. 学術雑誌(原著)  Kainate-induced network activity in the anterior cingulate cortex 2016/03
5. 学術雑誌(原著)  Ezetimibe Promotes Brush Border Membrane-to-Lumen Cholesterol Efflux in the Small Intestine 2015/05
全件表示(23件)
■ 学会発表
1. Effect of glucocorticoid on prepulse inhibition and network oscillation in the anterior cingulate cortex of mice (ポスター,一般) 2017/07/22
2. The effect of social and thermal environment on the development of infant common marmoset physiology and behavior. (ポスター,一般) 2015/06/22
3. 医学部2年生におけるプレゼンテーション実習 −KJ法によるグループディスカッションの効果− (口頭発表,一般) 2015/07
4. 帯状回皮質のカイニン酸誘導性神経回路オシレーションに対するドーパミンおよびコリン作動性の調節 (ポスター,一般) 2015/07
5. 帯状回皮質のカイニン酸誘導性神経回路オシレーションに対するアミン作動性調節とストレスの影響 (ポスター,一般) 2015/09
全件表示(20件)
■ 専門医・専門性キーワード
専門医取得の有無:無し
認知・情動機能
大脳辺縁系
神経回路オシレーション
アミン性調節
ストレス適応