(最終更新日:2022-07-29 16:10:34)
  ヤマシタ タカヒサ   YAMASHITA Takahisa
  山下 高久
   所属   埼玉医科大学  医学部 総合医療センター 病理部
   職種   専任講師
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2014/01~  膀胱癌における薬剤耐性機構の解明 機関内共同研究 
2. 2015/04  悪性リンパ腫(特にALCL)における分子生物学的研究 機関内共同研究 
3. 2015/04  膀胱癌における薬剤耐性機構の解明 機関内共同研究 
■ 現在の専門分野
膀胱癌, 実験病理学, 悪性リンパ腫 (キーワード:膀胱癌 悪性リンパ腫 薬剤耐性 MYC MAX) 
■ 受賞履歴
1. 2015 埼玉医科大学総合医療センター 平成26年度若手医師育成研究費 (膀胱癌の薬剤耐性における分子生物学的研究)
2. 2016 埼玉医科大学 平成27年度 学内グラント (悪性リンパ腫におけるMYC-MAXの発現機構の解明)
3. 2017 一般財団法人鈴木泌尿器医学振興財団 平成28年度 一般財団法人鈴木泌尿器医学振興財団助成金 (膀胱癌におけるゲムシタビン耐性獲得メカニズムの解明およびゲムシタビン耐性膀胱癌)
4. 2020 文部科学省 科研費 2020年度 文部科学省 科研費 若手研究
5. 2021/05 日本リンパ網内系学会 2020年度日本リンパ網内系学会 理事長賞 (Integrative genomic analysis focused on cell cycle genes for MYC-driven aggressive mature B-cell lymphoma)
■ 著書
1. 単行本  「尿道スリング手術」 2010/07
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  CD24 is a surrogate for “immune-cold” phenotype in aggressive large B-cell lymphoma 2022/07
2. 学術雑誌(症例報告)  Small bowel intussusception secondary to intestinal submucosal
cyst in an infant 2022/03/12
3. 学術雑誌(原著)  Fluorescent nanoparticle-mediated semiquantitative MYC protein expression analysis in morphologically diffuse large B-cell lymphoma. 2021/09
4. 学術雑誌(症例報告)  Masked malignant phenotype with a benign appearance: beat-up copy number profile may be the key for hemangioblastoma dissemination 2021/01
5. 学術雑誌(原著)  Integrative genomic analysis focused on cell cycle genes for MYC-driven aggressive mature B-cell lymphoma 2020/09
全件表示(20件)
■ 学会発表
1. 腹腔内播種を伴った尿路上皮癌で原発巣の同定に苦慮した1剖検例 (ポスター,一般) 2021/11/04
2. DLBCLにおける MYC-associated factor X (MAX)の分子発現解析 (ポスター,一般) 2021/06/26
3. Decreased MYC-associated factor X (MAX) expression is a new potential biomarker for adverse prognosis in anaplastic large cell lymphoma (抄録提出,一般) 2020/08/20
4. MYC関連高悪性度B細胞性リンパ腫における 細胞周期関連分子の統合的な遺伝子解析 (口頭発表,一般) 2020/07/01
5. 初発Non-GCB型DLBCLが4年後Triple hit DLBCL (HGBL-TH), GCB型として再発した一例 (ポスター,一般) 2019/06/29
全件表示(53件)
■ 専門医・専門性キーワード
専門医取得の有無:有り
泌尿器癌
薬剤耐性
膀胱癌
癌幹細胞
悪性リンパ腫