(最終更新日:2022-06-20 16:56:12)
  アラキ トモユキ   ARAKI Tomoyuki
  荒木 智之
   所属   埼玉医科大学  医学部 生化学
   職種   専任講師
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2009/05~2010/05  オメガ-3脂肪酸の糖尿病改善作用の解明とその作用機序の解析  
2. 2010/05~2011/05  モデルマウスを用いたイワシ油・オキアミ油による糖尿病への効果 企業からの受託研究 
3. 2011/01~2012/03  薬剤応答規定因子ネットワークの解明に基づく新規がん医療の開発 企業からの受託研究 
4. 2012/04~2013/03  腫瘍特異的不死化因子とその治療への応用 企業からの受託研究 
5. 2012/04~2013/03  腫瘍特異的不死化因子とその治療への応用 国内共同研究 
全件表示(8件)
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  Analysis of Lipid Raft Molecules in the Living Brain Slices. 2018/10
2. 学術雑誌(原著)  local anesthetics and antipsychotic phenothiazines interact nonspecifically with membranes and inhibit hexose transporters in yeast. 2016/03
3. 学術雑誌(原著)  Tetracaine, a local anesthetic, preferentially induces translational inhibition with processing body formation rather than phosphorylation of eIF2α in yeast. 2015/02
4. 学術雑誌(原著)  Cytokine-Dependent Modification of IL-12p70 and IL-23 Balance in Dendritic Cells by Ligand Activation of Valpha24 Invariant NKT Cells. 2009/07
5. 学術雑誌(原著)  Local Anesthetics, Antipsychotic Phenothiazines, and Cationic Surfactants Shut Down Intracellular Reactions through Membrane Perturbation in Yeast 2008/11
全件表示(7件)
■ 学会発表
1. RhoAの翻訳後修飾が細胞形態制御に与える影響 (ポスター,一般) 2018/11/28
2. EMARS法による脂質ラフト分子解析とその意義 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2018/09/08
3. Physiological analysis of lipid raft molecules in the brain (ポスター,一般) 2017/09/07
4. マウス脳組織におけるガングリオシドGM1脂質ラフトの生理的解析 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2017/07/19
5. 出芽酵母をモデルとした局所麻酔薬や抗精神病薬の作用と毒性の機構 (ポスター,一般) 2014/05/16
全件表示(16件)
■ 専門医・専門性キーワード
専門医取得の有無:無し
がん
分子標的薬
細胞骨格
シグナル伝達
細胞周期