(最終更新日:2021-08-03 15:03:53)
  センボンマツ タカアキ   SENBONMATSU Takaaki
  千本松 孝明
   所属   埼玉医科大学  医学部 リサーチアドミニストレーションセンター
   職種   教授
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/11~2019/03  絶好調維持システムを目指した先制治療「ナノ・セラノスティクス」の実現  
2. 2020/04~  スーパースピングラス磁気ナノ微粒子の創製とナノ・セラノスティクスの実現 基盤研究(A) (キーワード:磁性 / ナノ材料創製 / ナノ構造物性 / がん)
■ 著書
1. その他  AT2受容体と腎臓「Angiotensin Research」 2013/10
2. その他  各種高血圧薬の作用機序、薬理、臨床効果「日本医事新報」 2008/08
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  Cardiac hypertrophy, Up-to-date. Annual
Review 内分泌、代謝 2004. 2005/04
2. 学術雑誌(総説)  Cardiac hypertrophy, Up-to-date. Annual
Review 内分泌、代謝 2004. 2004
3. 学術雑誌(総説)  分泌型プロレニン受容体の新展開 2010/06
4. 学術雑誌(その他)  海外研究者のRAS研究最前線レポートバンダービルト大学医学部からRAS情報伝達の新たなる展開 2004
5. 学術雑誌(その他)  レニンアンジオテンシン系の包括的解析 2008/07
全件表示(18件)
■ 学会発表
1. (プロ)レニン受容体の切断機構と細胞内輸送. (ポスター,一般) 2011/04
2. New bronchial asthmatic animal model by intra tracheal injection method. (ポスター,一般) 2011/03
3. New relationship between apelin-APJ and angiotensin II-AT1. (ポスター,一般) 2011/03
4. Non-activated APJ suppresses Angiotensin II type1 receptor, while apelin-activated APJ acts conversely. (口頭発表,一般) 2011/03
5. Experimental model of diastolic dysfunction in non-genetic model of hypertensive rats (ポスター,一般) 2010/03/31
全件表示(20件)
■ 取得特許
1. 2013/05/14 拡張期心不全非ヒトモデル動物及びその製造方法、並びに、拡張期心不全予防乃至症状改善活性を有する物質のスクリーニン グ方法(特願2013-102114)
■ 専門医・専門性キーワード
専門医取得の有無:有り
レニンアンジオテンシンシステム
心不全
高血圧
心筋再生
iPS細胞