(最終更新日:2022-09-30 12:56:57)
  サエキ トシアキ   Saeki Toshiaki
  佐伯 俊昭
   所属   埼玉医科大学  医学部 国際医療センター 乳腺腫瘍科
   職種   教授
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2003/04~2007/03  ホルモン補充療法が乳がんの診療に及ぼす影響とその対策に関する研究  
2. 2004/04~2007/03  ホルモン補充療法が乳がんの診療に及ぼす影響とその対策に関する研究 競争的資金等の外部資金による研究 
3. 2004/04~2007/03  乳がん患者におけるCEF-MS209の有効性と遺伝子発現解析 国内共同研究 
4. 2004/04~2007/03  乳がん患者におけるCEF-MS209の有効性と遺伝子発現解析 競争的資金等の外部資金による研究 
5. 2004/04~2007/03  乳癌診療ガイドライン作成のためのデータベース構築 国内共同研究 (キーワード:ガイドライン作成,卒後教育,乳癌診療)
全件表示(29件)
■ 著書
1. 単行本  乳がん「新臨床腫瘍学 第5版」 2020/07/30
2. 単行本  乳腺腫瘍学 第3版「乳腺腫瘍学 第3版」 2020/04/20
3. 単行本  再発・悪化を防ぐ 安心ガイドシリーズ
乳がん 病後のケアと食事「再発・悪化を防ぐ 安心ガイドシリーズ
乳がん 病後のケアと食事」 2020/03/08
4. 単行本  癌治療関連薬(制吐薬)「Pocket Drugs 2020」 2020/01/01
5. その他  Chemotherapy-induced nausea and vomiting in patients with breast cancer: a prospective cohort study., Breast Cancer 2019/08
全件表示(74件)
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(その他)  Tumor budding and fibrotic focus-proposed grading system for tumor budding in invasive carcinoma no special type of the breast 2022/08
2. 学術雑誌(その他)  A Japanese prospective multi-institutional feasibility study on accelerated partial breast irradiation using multicatheter interstitial brachytherapy: clinical results with a median follow-up of 60 months. 2022/07
3. 学術雑誌(その他)  Exploratory Analysis Comparing Fosnetupitant Versus Fosaprepitant for Prevention of Highly Emetogenic Chemotherapy-Induced Nausea and Vomiting (CINV): A Randomized, Double-Blind, Phase 3 Study (CONSOLE) 2022/06
4. 学術雑誌(その他)  一次乳房再建を省略したnipple-sparing mastectomyを行った乳癌の4例 2022/02/25
5. 学術雑誌(その他)  乳腺内分泌腫瘍 Antibody-Drug Conjugateの理論と臨床応用
Current Organ Topicsによせて 2021/12/15
全件表示(265件)
■ 学会発表
1. 当院における遺伝性乳癌卵巣癌症候群に対する診断と患者背景
について (口頭発表,特別・招待講演等) 2021/07/03
2. Research and Strategy for Supportive Care in Cancer planned by JASCC (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2021/06/01 Link
3. Conclusion and expectations for MASCC 2023 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2020/12/03
■ 専門医・専門性キーワード
専門医取得の有無:有り
日本乳癌学会指導医
日本外科学会指導医
乳腺外科
乳癌化学療法
日本がんサポーティブケア学会理事長