photo
    (最終更新日:2021-07-12 14:06:35)
  クロカワ リキ   KUROKAWA Riki
  黒川 理樹
   所属   埼玉医科大学  医学部 ゲノム基礎医学
   職種   教授
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2004/04~2005/03  ゲノム情報及び技術を基盤とする医学研究の融合的開発 私立大学学術研究高度化推進事業「学術フロンティア推進事業」 
2. 2004/04~2007/03  脂肪・骨芽細胞分化ネットワークのクロストークと冗長性の解明 ゲノムネットワークプロジェクト 
3. 2004/07~2005/03  創薬標的としての染色体構造変換酵素制御因子の研究  
4. 2004/08~2005/03  創薬標的としてのクロマチン構造変換酵素制御機構の解析  
5. 2004/12~2005/03  クロマチン構造変換酵素調節因子と遺伝子発現制御機構解析の新展開  
全件表示(27件)
■ 現在の専門分野
分子生物学 (キーワード:遺伝子発現制御、転写、RNA、クロマチン、ヒストンアセチル化、核内レセプター) 
■ 受賞履歴
1. 1990/06 第2回小原賞(岩手医科大学)
2. 1990/10 第2回学会賞(歯科基礎医学会)
3. 1993/06 Nichols Institute New Investigator Award(アメリカ内分泌学会)
■ 著書
1. 単行本  Long Noncoding RNAs: Structures and Functions In: Kurokawa,R. (eds.) 2015/07
2. 単行本  Generation of functional long noncoding RNA through transcription and natural selection. In: Mallick, B. (eds.), Regulatory RNAs 2012/01
3. 単行本  Promoter-associated noncoding RNA from the CCND1 promoter. In: Vancura, A. (ed), Transcriptional Regulation: Methods and Protocols, Methods in Molecular Biology 2012/01
4. 単行本  Promoter-associated long noncoding RNAs repress transcription through a RNA binding protein TLS. In: Collins, L.J. (ed), RNA Infrastructure and Networks: Advances in Experimental Medicine and Biology 2011/07
5. 単行本  CREB Binging Protein-coactivator complexes. In: Conn, P.M. and Means, A.R. (eds), Handbook of Cell Signaling 2003
全件表示(6件)
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  Potential Inhibitor Against Phase Separation, 1,6-hexanediol Specifically Binds to Beta Actin in Nuclear Extract of Human Cell Line 2020/11/04
2. 学術雑誌(原著)  Direct visualization of the conformational change of FUS/TLS upon binding to promoter-associated non-coding RNA 2020/07/03
3. 学術雑誌(原著)  RNA sequence and length contribute to RNA-induced conformational change of TLS/FUS 2020/02/14
4. 学術雑誌(総説)  Versatile Regulator or Integrator RNA-binding Protein TLS/FUS Works for Phase Separation on Regulation of the Human Genome - In Relation to Liposarcoma and ALS 2020/02
5. 学術雑誌(総説)  ヘテロクロマチン形成の分子機構ヌクレオソームコアの柔軟性と相分離 2020/02
全件表示(129件)
■ 学会発表
1. 相分離・凝集体形成の抑制因子1,6-hexanediolの作用機構と生理的意義の解明 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2020/12
2. 多機能分子TLS/FUS-脂肪肉腫の融合遺伝子、家族性ALSの原因遺伝子、そして、相分離の中心的分子としての役割 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2019/12/05
3. 家族性ALSの原因遺伝子産物TLS/FUSの凝集を抑える分子BLH (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2019/09/14
4. Arginine methylation of RNA binding protein TLS inhibits binding to long noncoding RNA, repressing the histone acetyltransferase activity. (口頭発表,特別・招待講演等) 2019/02/26
5. Arginine methylation of RNA binding protein TLS inhibits binding to long noncoding RNA, repressing the histone acetyltransferase activity
アルギニンメチル化によるRNA結合タンパク質TLS機能の制御機構 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2018/11/28
全件表示(62件)
■ 取得特許
1. 2013/05/10 抗TLSモノクローナル抗体及びその製造方法、ハイブリドーマ及びその製造方法、並びに抗TLSモノクローナル抗体含有組成物(特願2013-099962)