(最終更新日:2022-08-19 14:34:47)
  ホリエ クニコ   HORIE-INOUE Kuniko
  堀江 公仁子
   所属   埼玉医科大学  医学部 ゲノム応用医学
   職種   教授
■ ホームページ
   埼玉医科大学医学ゲノム応用医学
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~2020/03  患者由来乳がん細胞・移植腫瘍におけるエストロゲン作用ネットワークの解明と臨床応用 基盤研究(B) 
■ 受賞履歴
1. 2019/04 第107回日本泌尿器科学会総会[総会賞ポスター・腎腫瘍:基礎部門] (患者由来がん細胞の三次元長期培養系による難治腎がんモデルの構築と病態メカニズムの解析)
2. 2020/12 日本泌尿器科学会 第108回日本泌尿器科学会総会[総会賞ポスター・副腎腫瘍・後腹膜腫瘍・精巣腫瘍部門] (精巣がんに対する低酸素応答を標的とした新規治療戦略の開発と患者由来がん培養・移植の活用)
■ 著書
1. 単行本  Analysis of TFRNs Associated with Steroid Hormone-Related Cancers 2014/05
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(総説)  Emerging Roles of COX7RP and Mitochondrial Oxidative Phosphorylation in Breast Cancer 2022/02/01
2. 学術雑誌(原著)  Identification of a novel oncogenic fusion gene SPON1-TRIM29 in clinical ovarian cancer that promotes cell and tumor growth and enhances chemoresistance in A2780 cells 2022/01/08
3. 学術雑誌(原著)  Long Intergenic Noncoding RNA OIN1 Promotes Ovarian Cancer Growth by Modulating Apoptosis-Related Gene Expression 2021/10
4. 学術雑誌(原著)  Transcriptomic analysis of hormone-sensitive patient-derived endometrial cancer spheroid culture defines Efp as a proliferation modulator 2021/04/09
5. 学術雑誌(原著)  Genetic biomarkers in the VEGF pathway predicting response to anti-VEGF therapy in age-related macular degeneration 2019/12/17
全件表示(13件)
■ 学会発表
1. New types of estrogen receptor signaling modulators that contribute to the pathophysiology of advanced breast cancers(ワークショップ・招待講演) (口頭発表,特別・招待講演等) 2019/12/03
2. [日本臨床腫瘍薬学会学術集会2019初心者優秀演題賞]RNA結合タンパク質NONOの乳がんにおける役割の解析 (口頭発表,一般) 2019/03/23
3. がん幹細胞様細胞の分子生物学的特徴を有する精巣がん患者由来培養・移植モデルの樹立とその臨床への応用 (口頭発表,一般) 2019/02/23
4. 乳がんの病態におけるNONO蛋白質の役割 (ポスター,一般) 2019/01/26
5. 三次元スフェロイド培養系における患者由来腎がん細胞の遺伝子発現プロファイルと薬剤反応性の解析 (ポスター,一般) 2018/11/27
全件表示(7件)
■ 専門医・専門性キーワード
専門医取得の有無:有り
ホルモン依存性がん
エストロゲン
アンドロゲン
転写制御
眼科疾患