(最終更新日:2022-07-29 16:46:59)
  イケダ マサアキ   IKEDA Masaaki
  池田 正明
   所属   埼玉医科大学  医学部 生理学
   職種   教授
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 現在の専門分野
神経化学・神経薬理学, 応用薬理学, 環境生理, 生理学一般, 精神神経科学, 代謝学 (キーワード:概日リズム、時計遺伝子、転写因子、BMAL1、BMAL2、感情障害、メタボリックシンドローム) 
■ 著書
1. 単行本  概日リズム「QUICK生理学・解剖学」 2022/03/01
2. 単行本  13章 高次神経機能「オックスフォード生理学 原著4版 (13章 高次神経機能 担当)」 2016/01
3. その他  時計遺伝子「分子細胞生物学辞典 第2版」 2008/10
4. 単行本  生物リズムの研究法 哺乳類−げっ歯類−「時間生物学事典」 2008/05
5. 単行本  生物リズムの研究法 哺乳類ーヒト「時間生物学事典」 2008/05
全件表示(10件)
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  cDNA cloning and Tissue-Specific Expression of a Novel Basic Helix-Loop-Helix PAS Protein (BMAL1) and Identification of Alternatively Spliced Variarts with Alternative Translation Inifiation Site Usage 1997/04
2. 学術雑誌(総説)  Circadian adaptation to cell injury stresses: a crucial interplay of BMAL1 and HSF1 2016/02
3. 学術雑誌(原著)  Bmal1 is an essential regulator for circadian cytosolic Ca2+ rhythms in suprachiasmatic nucleus neurons. 2014/09
4. 学術雑誌(原著)  The Impact of HIF1α on the Per2 Circadian Rhythm in Renal Cancer Cell Lines. 2014/09
5. 学術雑誌(原著)  Regulation of molecular clock oscillations and phagocytic activity via muscarinic Ca2+ signaling in human retinal pigment epithelial cells 2017/03
全件表示(70件)
■ 学会発表
1. Consideration of the interface between thyroid function and circadian oscillation mechanism (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2022/03/18
2. ナルディライジンによる核内受容体ROR/REV-ERB活性調節機構の解明 (ポスター,一般) 2021/12/02
3. Cellular and molecular basis of chronotherapy for cancer (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2019/03/30
4. Discovery of the Bmal1 gene (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2018/10/19
5. Molecular and cellular basis of chronotherapy for cancer (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2018/09/06
全件表示(6件)
■ 取得特許
1. 2010/11/18 NOVEL PPARγ PROMOTER SEQUENCE AND USE APPLICATION THEREOF(JP2010/058095)
2. 2009/05/06 PPAR発現調節を介して脂質代謝を改善する蛋白質(2009-116845)
■ 提供可能な資源
時計遺伝子Bmal1 cDNA、時計遺伝子Bmal1 プロモーター
■ 専門医・専門性キーワード
専門医取得の有無:無し
概日リズム
転写調節因子
時計遺伝子 BMAL1
精神医学
感情障害