(最終更新日:2019-03-04 12:15:37)
  ササキ アツシ   SASAKI Atsushi
  佐々木 惇
   所属   埼玉医科大学  医学部 病理学
   職種   教授
■ 受賞履歴
1. 2001/05 日本神経病理学会賞(日本神経病理学会)
2. 2002/05 日本脳腫瘍病理学会賞(日本脳腫瘍病理学会)
■ 著書
1. 単行本  脳腫瘍の肉眼像「アトラス脳腫瘍病理」 2017/10
2. 単行本  術中迅速診断・細胞診「腫瘍病理鑑別診断アトラス脳腫瘍」 2017/06
3. 単行本  Genomic characterization of primary central nervous system lymphoma.「Acta Neuropathol 131」 2016
4. 単行本  「徹底攻略!病理解剖カラー図解」 2015/11
5. 単行本  ランゲルハンス細胞組織球症「脳腫瘍臨床病理カラーアトラス第3版 日本脳腫瘍病理学会編」 2009
全件表示(8件)
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  Japan Pediatric Molecular Neuro-Oncology Group (JPMNG). Significance of molecular classification of ependymomas: C11orf95-RELA fusion-negative supratentorial ependymomas are a heterogeneous group of tumors. 2108/12
2. 学術雑誌(原著)  Astroblastoma: a distinct tumor entity characterized by alterations of the X chromosome and MN1 rearrangement. 2018
3. 学術雑誌(原著)  BRAF V600E, TERT promoter mutations and CDKN2A/B homozygous deletions are frequent in epithelioid glioblastomas: a histological and molecular analysis focusing on intratumoral heterogeneity. 2018
4. 学術雑誌(原著)  BRAF V600E, TERT promoter mutations and CDKN2A/B homozygous deletions are frequent in epithelioid glioblastomas: a histological and molecular analysis focusing on intratumoral heterogeneity. 2017/11
5. 学術雑誌(原著)  Feature analysis of cell nuclear chromatin distribution in support of cervical cytology. 2017/10
全件表示(126件)
■ 学会発表
1. Glioblastoma with a primitive neuronal componentの細胞病理学的特徴 (ポスター,一般) 2018/06/02 Link
2. R. Histology, surrogate markers and prognosis of ependymoma, RELA fusion-positive: Multicentric Japanese study on ependymoma. (ポスター,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2017/06/08
3. 「Ependymoma, RELA fusion-positiveの免疫組織化学的マーカーの検討」 (ポスター,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2017/06/03
4. Review of ependymomas: assessment of consensus in pathological diagnosis and correlations with genetic profiles and outcome. (ポスター,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2016/07/06
5. 「ミクログリアの病理学:最近の進歩」シンポジウム「グリア細胞からみた神経病理学」 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2016/06/02
全件表示(9件)