(最終更新日:2018-07-26 12:11:22)
  ヒガシ モリヒロ   HIGASHI Morihiro
  東 守洋
   所属   埼玉医科大学  医学部 総合医療センター 病理部
   職種   准教授
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/04~2017/03  リツキシマブ細胞傷害におけるLR11の分子機構の解明 基盤(C) 
■ 現在の専門分野
実験病理学, 人体病理学 
■ 受賞履歴
1. 2011/09 第13回日本組織細胞化学会論文賞
■ 著書
1. 単行本  総論 5. 分子生物学「悪性リンパ腫リンパ腫アトラス 改訂・改題 第4版」 2014/10
2. 単行本  「造血器腫瘍とエピジェネティクス ー治療への応用と新たな展開ー
発症機構とエピジェネティクス異常 リンパ系腫瘍」 2012/10
3. 単行本  「Hodgkinリンパ腫. WHO分類第4版による 白血病・リンパ系腫瘍の病態学 編集;木崎昌弘、田丸淳一 監修;押味和夫 、東京新宿」 2009/11
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  Clinicopathologic investigation of methotrexate-induced lymphoproliferative disorders, with a focus on regression. 2018/05
2. 学術雑誌(症例報告)  Retroperitoneal Cystic Nodal Metastasis of Renal Cell Carcinoma. 2018/03
3. 学術雑誌(原著)  Vascular endothelial growth factors C and D and lymphangiogenesis at the early stage of esophageal squamous cell carcinoma progression. 2018/03
4. 学術雑誌(原著)  Thymidine phosphorylase and angiogenesis in early stage esophageal squamous cell carcinoma. 2018/01
5. 学術雑誌(症例報告)  An infected thoracoabdominal aortic aneurysm mimicking the symptoms of urinary tract infection: A case report. 2017/11
全件表示(55件)
■ 学会発表
1. びまん性大細胞型B細胞リンパ腫におけるHLA-DR発現ロスはT細胞環境と関連し予後不良因子である (口頭発表,一般) 2015/04/30
2. LR11: implications for molecular targeting therapy in lymphoma (口頭発表,一般) 2013/02/15
3. 悪性リンパ腫におけるLR11発現とその意義 (ポスター,一般) 2012/06/16
4. LR11 Expression in Malignant Lymphoma (ポスター,一般) 2012/05/26
5. 悪性リンパ腫におけるLR11発現とその意義 (口頭発表,一般) 2012/04/27
全件表示(15件)
■ 専門医・専門性キーワード
専門医取得の有無:有り
悪性リンパ腫
分子生物学
細胞内シグナル伝達機構
外科病理
血液系腫瘍