photo
    (最終更新日:2018-10-19 15:49:55)
  コバヤシ マサヒト   KOBAYASHI Masahito
  小林 正人
   所属   埼玉医科大学  医学部 脳神経外科
   職種   教授
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/04~2018/03  顔面けいれんの分析による脳神経の脆弱性予測および脳神経機能障害の治療法の開発 基盤研究C 
2. 2011/04~2014/03  経頭蓋磁気刺激による皮質拡延性抑制の誘導と非侵襲的な脳虚血耐性の獲得 基盤研究C 
3. 2007/04~2010/03  経頭蓋磁気刺激による皮質拡延性抑制を利用した非侵襲的な脳虚血耐性の獲得 基盤研究C 
4. 2008/01  経頭蓋磁気刺激を用いた難治性疼痛の治療 個人研究 
5. 2008/04~  磁気刺激法を用いた虚血耐性獲得 個人研究 (キーワード:経頭蓋磁気刺激、虚血、脳、耐性)
■ 現在の専門分野
脳神経外科学, 神経内科学, 神経生理学 (キーワード:機能的脳神経外科、神経生理、運動制御) 
■ 受賞履歴
1. 2002/06 Human brain mapping and neuroimage フェローシップ
2. 2003/06 慶應義塾大学医学部外科 刀林賞
■ 著書
1. 単行本  三叉神経痛・顔面けいれんの治療「Brain nursing」 2014/06
2. 単行本  神経減圧術「Brain nursing」 2014/04
3. 単行本  「「神経線維腫症(NF1/NF2) : どのように治療方針を説明するか?)」 2011/04
4. 単行本  「「脊索腫」」 2010/06
5. 単行本  「「脊索腫」」 2010/05
全件表示(6件)
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  Transcranial magnetic stimulation in neurology 2003/05
2. 学術雑誌(原著)  Repetitive TMS of the motor cortex improves ipsilateral sequential simple finger movements. 2004/07
3. 学術雑誌(原著)  Changes in intracortical inhibition and clinical symptoms after STN-DBS in Parkinson's disease. 2016/04
4. 学術雑誌(原著)  Repetitive transcranial magnetic stimulation once a week induces sustainable long-term relief of central poststroke pain 2015/06
5. 学術雑誌(原著)  Ipsilateral motor cortex activation on functional MRI during unilateral hand movements is related to interhemispheric interactions. 2003/10
全件表示(51件)
■ 学会発表
1. Relationship between body mass index and efforts for optimal conditioning of STN-DBS. (口頭発表,一般) 2018/04/20
2. Gamma- and cyber-knife for skull base benign tumors: tumor control, adverse effects and comparison between these modalities. (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2017/10/12
3. 頭蓋底髄膜腫に対するサイバーナイフとガンマナイフの治療成績 (口頭発表,一般) 2017/09/09
4. 機能的神経外科にできること (口頭発表,特別・招待講演等) 2017/08/09
5. サイバーナイフとガンマナイフ・両刀使いの経験より (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2017/07/15
全件表示(72件)