(最終更新日:2018-07-23 17:50:59)
  テラモト ユキコ   TERAMOTO Yukiko
  寺本 由紀子
   所属   埼玉医科大学  医学部 国際医療センター 皮膚科(皮膚腫瘍科)
   職種   専任講師
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2012/04~2017/03  ゲノム薬理学的解析を伴う悪性黒色腫におけるDAVFeron療法の術後化学療法としての有用性と安全性の検証 機関内共同研究 
2. 2014/11~  日本人悪性黒色腫における体細胞遺伝子変異ならびにバイオマーカー候補と臨床病理学的因子との関連に関する研究 機関内共同研究 
3. 2014/12~2015/10  次世代シークエンス技術を用いた日本人悪性黒色腫の体細胞遺伝子変異の検出 その他の補助金・助成金 
4. 2015/07~2016/03  日本人悪性黒色腫における体細胞遺伝子変異と臨床病理学的因子との関連に関する研究  
5. 2016/04~  日本人悪性黒色腫における体細胞遺伝子変異と臨床病理学的因子との関連に関する研究 若手研究(B) 
■ 現在の専門分野
内科系臨床医学 (キーワード:皮膚腫瘍学) 
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  Acral lentiginous melanoma: a skin cancer with unfavourable prognostic features. A study of the German central malignant melanoma registry (CMMR) in 2050 patients. 2018/02
2. 学術雑誌(症例報告)  Nivolumab Therapy for Treatment-Related Vitiligo in a Patient With Relapsed Metastatic Melanoma. 2017/07
3. 学術雑誌(原著)  The rate of facial nerve dysfunction and time to recovery after intraparotid and extraparotid facial nerve exposure and protection in head and neck cutaneous tumor surgery. 2017/06
4. 学術雑誌(症例報告)  Case of type 1 diabetes associated with less-dose nivolumab therapy in a melanoma patient. 2017/05
5. 学術雑誌(症例報告)  Induction of Immune Reaction in Benign Melanocytic Nevi Without Halo During Nivolumab Therapy in a Patient With Melanoma. 2017/05
全件表示(35件)
■ 学会発表
1. 実臨床におけるメラノーマ治療薬の使用経験.抗PD-1抗体の治療成績と白斑発生について (口頭発表,特別・招待講演等) 2018/02
2. 当科におけるペムブロリズマブの使用経験 (口頭発表,特別・招待講演等) 2017/11
3. 皮弁の基本:何に注意する?そのコツは? (口頭発表,特別・招待講演等) 2017/11
4. 次世代シークエンス技術を用いた日本人悪性黒色腫の体細胞遺伝子変異の検出. (ポスター,一般) 2017/10
5. ICG蛍光法によるセンチネルリンパ節生検における近赤外光カメラシステムLIGHTVISIONの使用経験 (口頭発表,一般) 2017/07
全件表示(48件)
■ 専門医・専門性キーワード
専門医取得の有無:有り
皮膚癌
悪性黒色腫
皮膚外科
皮膚科
有棘細胞癌