(最終更新日:2018-07-25 12:17:15)
  クマガイ メグミ   KUMAGAI Megumi
  熊谷 恵
   所属   埼玉医科大学  医学部 生理学
   職種   助手
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1993~2008/03  概日リズムの分子機構の解明 -時計遺伝子BMAL1の機能解析を中心として- 国内共同研究 (キーワード:時計遺伝子、概日リズム)
2. 1993/04~2008/03  概日リズムの分子機構の解明 -時計遺伝子BMAL1の機能解析を中心として- 国内共同研究 (キーワード:時計遺伝子、概日リズム)
3. 2003~2009/03  転写の定量・イメージング技術の開発と応用 国内共同研究 (キーワード:時計遺伝子、遺伝子発現、定量、可視化)
4. 2003/04~2009/03  転写の定量・イメージング技術の開発と応用 国内共同研究 (キーワード:時計遺伝子、遺伝子発現、定量、可視化)
5. 2009/04~2012/03  Bmal1時計遺伝子のリセットの分子メカニズムの研究 国内共同研究 (キーワード:時計遺伝子、遺伝子発現、定量、可視化)
全件表示(7件)
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  The effects of HIF1α/ARNT on the number of NIH3T3 cells. 2014/09
2. 学術雑誌(原著)  Real-time analysis of the circadian oscillation of the Rev-Erb beta promoter. 2013/04
3. 学術雑誌(原著)  A Promoter in the Novel Exon of hPPARγ Directs the Circadian Expression of PPARγ 2010/01
4. 学術雑誌(原著)  The molecular mechanism regulating the autonomous circadian expression of Topoisomerase I in NIH3T3 cells. 2009/01
■ 学会発表
1. がん分子標的薬の時間治療に向けての分子基盤の解明 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2018/03/28
2. Molecular basis of chronotherapy in cancer chemotherapy (ポスター,一般) 2017/12/01
3. Role for p160 coactivators in amplitude of circadian oscillation (ポスター,一般) 2017/07/31
4. Functional and pathological analysis of PABPN1, a responsible RNA-binding protein for oculopharyngeal muscular dystrophy (OPMD) and muscle aging. (ポスター,一般) 2017/07/15
5. 概日時計の分子機構 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2017/07/11
全件表示(55件)