(最終更新日:2019-03-08 11:10:21)
  オクダ アキヒコ   OKUDA Akihiko
  奥田 晶彦
   所属   埼玉医科大学  医学部 ゲノム医学研究センター
   職種   教授
■ ホームページ
   http://www.saitama-med.ac.jp/genome/okuda/index.html
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2016/04~2018/03  MAXの減数分裂抑制因子としての役割とその分子作用機序 新学術領域(研究領域提案型)公募研究 (キーワード:Max PRC1.6 生殖細胞 ES細胞 減数分裂) Link
2. 2016/04~2019/03  c-Mycとがん細胞に共通したc-MYC依存的なアポトーシスに対する回避メカニズム 基盤研究B (キーワード:c-Myc Nanog アポトーシス ES細胞 がん細胞)
3. 2016/04~2018/03  非生殖細胞である分化多能性幹細胞における異所性の減数分裂と胎生致死との関連 挑戦的萌芽研究 (キーワード:Max PRC1複合体 ES細胞 異所性減数分裂)
4. 2016/12~2018/04  がん・精巣抗原遺伝子の非典型的PRC1複合体による抑制  (キーワード:PRC1.6複合体 がん精巣抗原) Link
5. 2014/04~2016/03  Max遺伝子発現コントロールによる生殖細胞発生プログラム誘導の分子メカニズム 新学術領域研究(研究領域提案型) 
全件表示(16件)
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  Loss of MAX results in meiotic entry in mouse embryonic and germline stem cells 2016/03 Link
2. 学術雑誌(原著)  Indefinite Self-Renewal of ESCs through Myc/Max Transcriptional Complex-Independent Mechanisms 2011/07
3. 学術雑誌(原著)  Forced expression of Nanog or Esrrb preserves the ESC status in the absence of nucleostemin expression 2015/04
4. 学術雑誌(原著)  Functional crosstalk between Myc and PI3K signaling for supporting unlimited self-renewal of embryonic stem cells 2015/03
5. 学術雑誌(原著)  Sirt1, p53 and p38MAPK are crucial regulators of detrimental phenotypes of ESCs with Max expression ablation 2012/08
全件表示(62件)
■ 学会発表
1. MAXは体細胞分裂から減数分裂への切り替えを制御するか? (ポスター,一般) 2017/12/06
2. MBDドメインが欠失したMbd3バリアントによるES細胞の分化多能性賦与機構の解明 (ポスター,一般) 2017/12/06
3. Nucleostemin欠失ES細胞におけるOct3/4転写因子のDNA結合性の変化 (ポスター,一般) 2017/12/06
4. Mbd3/NuRD転写抑制複合体によるES細胞への分化多能性賦与機構の解明 (ポスター,一般) 2016/11/30
5. Yapによる細胞の形質転換におけるmiR29を介さない経路の重要性 (ポスター,一般) 2016/11/30
全件表示(74件)
■ 専門医・専門性キーワード
専門医取得の有無:無し
幹細胞生物学
ES細胞
生殖細胞
発生
転写