(最終更新日:2019-07-18 10:31:25)
  カワノ マサアキ   KAWANO Masaaki
  川野 雅章
   所属   埼玉医科大学  医学部 免疫学
   職種   准教授
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2014~2016/03  抗ウイルス細胞傷害性T細胞誘導剤の作用機序の解明及びその応用 若手研究B 
2. 2014/04~2016/09  薬剤を用いた自己免疫性炎症反応の解明 国内共同研究 
3. 2016/04~2019/03  タンパク質ナノカプセルの粘膜免疫誘導機構の解明 基盤研究(C) 
4. 2019/04~2022/03  SV40 VLP免疫活性化剤による免疫活性化と獲得免疫誘導機構の解明 基盤研究(C) 
5. 2011/04~2014/03  新規ナノキャリアを用いた次世代インフルエンザユニバーサルワクチンの開発 基盤研究(C) 
全件表示(7件)
■ 受賞履歴
1. 2007/11 Postdoctoral fellowship of Uehara memorial foundation for studying abroad
2. 2009/04 Cancer Center Support Grant award by the UC Davis
3. 2010/12 埼玉医科大学 学内グラント
4. 2011/03 加藤記念バイオサイエンス振興財団助成金
5. 2014/06 第25回落合記念賞研究助成金
■ 著書
1. 単行本  Chapter 5, Development of surface-modified magnetic nanoparticles for medical applications., Magnetic Nanoparticles for Medical Diagnostics. 2018/08
2. 単行本  ロドデノール誘発性脱色素班は自己免疫機序により生じる.「What’s new in 皮膚科学」 2018/04
3. 単行本  Technologies that generate and modify virus-like particles for medical diagnostic and therapy purposes, Design and development of New Nanocarriers, 1st Edition 2017/11
4. 単行本  マイクロ/ナノカプセルの調製、徐放性制御と応用事例 - 膜の選定、製膜法/表面の親疎水性コントロール - 第3章 医薬、生体試料での応用例 8節 ウイルス外殻タンパク質から成るナノカプセルの医療応用 No.1796「マイクロ/ナノカプセルの調製、徐放性制御と応用事例」 2014/10
5. 単行本  SV40 virus-like particles as an effective delivery system and a vaccine platform 2014/01
全件表示(7件)
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  Dopamine regulates cytokine secretion during innate and adaptive immune responses. 2018/11
2. 学術雑誌(原著)  IL-8 produced by T cells is under the control of dopamine signaling. 2018/11
3. 学術雑誌(原著)  Protein kinase C activation via serotonin receptor induces IL-8 in antigen-presenting cells stimulated with diazinon. 2018/11
4. 学術雑誌(総説)  ロドデノール誘発性脱色素班は自己免疫機序により生じる 2018/08
5. 学術雑誌(原著)  Acetylcholine stored in dendritic cells plays a role in the differentiation of naïve CD4+ T cells into a Th1 phenotype. 2018/05
全件表示(36件)
■ 学会発表
1. Tannic acid affects dopamine receptors, regulates immune responses, and ameliorates experimentally induced colitis. (口頭発表,一般) 2018/12/10
2. Dopamine fluctuates cytokine secretion in innate and adaptive immune responses (口頭発表,一般) 2017/12/12
3. 初期免疫応答におけるドーパミンによる 免疫関連遺伝子発現の解析 (口頭発表,一般) 2017/06/16
4. Dopamine modulates cytokine secretion in early immune responses as well as the generation of T-helper subsets in adaptive responses (口頭発表,一般) 2016/12/06
5. ドーパミンによる炎症性免疫応答転調機構の解析 (口頭発表,一般) 2016/06/19
全件表示(16件)
■ 取得特許
1. 2018/11/16 免疫応答を誘導するための薬剤(特許第6432114号)
2. 2017/05/30 活性化T細胞からのIL-8産生を抑制するための組成物(特願2017-106234)
3. 2015/12/25 免疫賦活化剤およびその製造方法(特願2015-255012)
4. 2015/11/30 免疫誘導剤およびその製造方法(特願2015-234206)
5. 2014/10/03 生理的条件下でのウイルス粒子様構造体及びその形成方法(特許第5621132号)
全件表示(11件)
■ 専門医・専門性キーワード
専門医取得の有無:無し
リンパ球
自己免疫疾患
神経伝達物質
ウイルス
ワクチン