photo
    (最終更新日:2018-11-01 18:24:23)
  ナンバ フミヒコ   NANBA Fumihiko
  難波 文彦
   所属   埼玉医科大学  医学部 総合医療センター 小児科(小児科、総合周産期母子医療センター新生児科)
   職種   准教授
■ メールアドレス
  kyoin_mail
  kyoin_mail
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2016/04~  新生仔期高濃度酸素性肺傷害修復過程におけるHAPLN1の重要性 基盤C 
2. 2015~2016  新生仔期高濃度酸素暴露の長期的影響と肺傷害修復過程における重要分子HAPLN1の同定とその機能  
3. 2015/04~2016/03  新生仔期高濃度酸素暴露の長期的影響と肺傷害修復過程における重要分子HAPLN1の同定とその機能  
4. 2015/04~2017/03  新生児慢性肺疾患全国調査2015  
5. 2014/04~2017/03  低出生体重児の発症機序及び長期予後の解明に関する研究  
全件表示(14件)
■ 現在の専門分野
胎児・新生児医学, 小児科学, 呼吸器内科学 
■ 受賞履歴
1. 2011 ALA Senior Research Training Fellowship
2. 2012 The 2012 Distinguished Research Trainee Awards Nominee
3. 2018 Travel Award grant for Early Career Investigators
4. 2018 学術研究賞
■ 著書
1. その他  「出生時の呼吸循環動態の変化と新生児仮死の病態生理」 2013/06
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  MiR-196a regulates heme oxygenase-1 by silencing Bach1 in the neonatal mouse lung 2016/06
2. 学術雑誌(原著)  Human thioredoxin-1 attenuates the rate of lipopolysaccharide-induced preterm delivery in mice in association with its anti-inflammatory effect 2016/05
3. 学術雑誌(原著)  Use of high-flow nasal cannula in neonates: nation-wide survey in Japan 2016/04
4. 学術雑誌(総説)  Bubbling and cystic appearance in chronic lung disease of prematurity; Are they diagnosed as Wilson-Mikity syndrome? 2016/04
5. 学術雑誌(原著)  Sex-related differences in long-term pulmonary outcomes of neonatal hyperoxia in mice 2016/03
全件表示(25件)
■ 学会発表
1. 転写因子Bach1の遺伝子欠損は高濃度酸素暴露新生仔マウス肺においてHO-1とIL-6の発現を増加させ肺保護効果をもたらす (ポスター,一般) 2015/10
2. 胎児造血反応と新生児慢性肺疾患との関連性の検討 (口頭発表,一般) 2015/10
3. 周産期センターにおける新生児慢性肺疾患管理の実際〜新生児慢性肺疾患全国調査2015から〜 (口頭発表,一般) 2015/10
4. 「大学病院・研究室が担うべき新生児医療への貢献とは?」基礎研究 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2015/10
5. 新生児慢性肺疾患研究の現状と今後の課題:データベースを用いた疫学研究を中心に (口頭発表,特別・招待講演等) 2015/09
全件表示(69件)
■ 専門医・専門性キーワード
専門医取得の有無:有り
小児科
新生児
早産児
低出生体重児
新生児慢性肺疾患