photo
    (最終更新日:2018-07-27 10:02:59)
  ナカムラ ヤスヒロ   NAKAMURA Yasuhiro
  中村 泰大
   所属   埼玉医科大学  医学部 国際医療センター 皮膚科(皮膚腫瘍科)
   職種   教授
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/12~2016/11  皮膚有棘細胞癌のPD-L1発現と臨床・病理学的因子および予後との相関に関する研究  
2. 2017/04~  成人固形がんに対する標準治療確立のための基盤研究(日本臨牀腫瘍グループJCOG) 国内共同研究 
3. 2008/04~2011/03  神経線維腫の増殖に対するTNF-alpha作用の検討 若手研究(B) 
4. 2011/04~2014/03  神経線維腫症I型の抗TNF-alpha抗体による新規治療の開発 若手研究(B) 
■ 現在の専門分野
皮膚科学 (キーワード:皮膚悪性腫瘍,皮膚外科,再建外科,癌薬物療法) 
■ 受賞履歴
1. 2003/03 金原出版「皮膚科の臨床」誌 優秀論文賞
2. 2011/08 第25回日本皮膚外科学会学術大会 最優秀発表賞
3. 2012/09 第26回日本皮膚外科学会学術大会 最優秀発表賞
4. 2015/10 日本皮膚外科学会誌最優秀論文賞
5. 2015/10 第29回日本皮膚外科学会学術大会 最優秀発表賞
全件表示(8件)
■ 著書
1. 単行本  21. 抗悪性腫瘍薬「皮膚疾患最新の治療2017-2018」 2017/01
2. 単行本  I. 話題の新薬をどう使いこなす? 抗PD-1抗体「そこが知りたい 達人が伝授する日常皮膚診療の極意と裏ワザ」 2016/05
3. 単行本  皮膚科の治療(外科的側面)6 皮膚外科学を極める「皮膚科研修ノート」 2016/04
4. 単行本  メラノーマに関する診療ガイドライン改訂のポイント「Dermatology Year Book 2016-2017 WHAT’S NEW in 皮膚科学」 2016/03
5. 単行本  病態別の使い方 壊死組織の付着する潰瘍「ドレッシング剤のすべて 皮膚科医による根拠に基づく選び方・使い方」 2015/09
全件表示(44件)
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(症例報告)  ガソリンの接触が誘因と考えられた有棘細胞癌の1例(原著論文/症例報告) 2017/03
2. 学術雑誌(総説)  【整形外科外来における他科疾患を見逃さないコツ】 皮膚疾患と整形外科学的症状 2017/03
3. 学術雑誌(原著)  Correlation between vitiligo occurrence and clinical benefit in advanced melanoma patients treated with nivolumab: A multi-institutional retrospective study 2017/02
4. 学術雑誌(症例報告)  Co-existence of Intravascular Papillary Endothelial Hyperplasia in Superficial Skin and the Intermuscular Space 2017/02
5. 学術雑誌(総説)  【頭頸部の皮膚・粘膜病変】 皮膚悪性腫瘍と前癌病変 2016/11
全件表示(87件)
■ 学会発表
1. 脈絡膜メラノーマ巨大転移に対してニボルマブを投与した1例 (口頭発表,一般) 2016/11/09
2. 放射線単独療法で完全寛解した顔面のメルケル細胞癌 (口頭発表,一般) 2016/10/29
3. 悪性黒色腫の鼠径リンパ節転移と鑑別を要したSister Mary Joseph結節 (口頭発表,一般) 2016/10/22
4. 骨盤内リンパ節郭清術における腹壁切開法の差異による術後合併症の検討 (口頭発表,一般) 2016/09/11
5. 脛骨上の人工真皮貼付後に植皮で再建したBedner tumorの1例 (口頭発表,一般) 2016/09/11
全件表示(95件)
■ 専門医・専門性キーワード
専門医取得の有無:有り
皮膚悪性腫瘍
メラノーマ
皮膚外科
化学療法
腫瘍免疫