(最終更新日:2019-04-11 22:21:19)
  ヨコオ トモタカ   YOKOO Tomotaka
  横尾 友隆
   所属   埼玉医科大学  医学部 中央研究施設
   職種   専任講師
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2009/04~2011/03  生活習慣病に関連する遺伝子の探索および機能解析 若手研究(B) 
2. 2010/04~2013/03  インスリン分泌及びβ細胞増加促進作用を持つ新規消化管ホルモンIBCAPの研究 基盤研究(C) 
3. 2011/04~2013/03  新規消化管ホルモンIBCAPによる食欲・肥満および病態生理学的意義の検討 新学術領域研究(研究領域提案型) 
4. 2012/04~2014/03  新規消化管ホルモンIBCAPを標的とした膵β細胞再生医療への応用 挑戦的萌芽研究 
5. 2012/04~2014/03  新規膵癌(膵管内管状乳頭腫瘍)のマウスモデルの作製 若手研究(B) 
全件表示(14件)
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  Murine osteoclasts secrete serine protease HtrA1 capable of degrading osteoprotegerin in the bone microenvironment. 2019/03
2. 学術雑誌(原著)  Elovl6 Deficiency Improves Glycemic Control in Diabetic db/db Mice by Expanding β-Cell Mass and Increasing Insulin Secretory Capacity 2017/07
3. 学術雑誌(原著)  Gene expression profile of the neonatal female mouse brain after administration of testosterone propionate 2015/04
4. 学術雑誌(原著)  Ablation of Elovl6 protects pancreatic islets from high-fat diet-induced impairment of insulin secretion 2014/07
■ 学会発表
1. 消化管ペプチドBetageninはヒト膵島のアポトーシスを抑制し、増殖とインスリン分泌を促進する (ポスター,一般) 2018/05/24
2. 消化管ペプチドBetageninはヒトβ細胞のアポトーシスを抑制し、増殖とインスリン分泌を促進する (ポスター,一般) 2018/04/26
3. ヒトゲノム解析とマウストランスクリプトーム解析の統合による性別違和(性同一性障害)関連遺伝子の探索 (ポスター,一般) 2017/12/01
4. 性別違和(性同一性障害)関連遺伝子の探索―マウストランスクリプトームおよびヒトエクソームの解析から (ポスター,一般) 2016/11/11
5. 性別違和(性同一性障害)関連遺伝子の探索:マウス発現解析とヒトエクソーム解析によるアプローチ (ポスター,一般) 2015/12/02
全件表示(34件)