(最終更新日:2017-07-27 17:05:31)
  ハヤシ タケシ   HAYASHI Takeshi
  林 健
   所属   埼玉医科大学  医学部 国際医療センター 神経内科・脳卒中内科
   職種   教授
■ メールアドレス
  kyoin_mail
  kyoin_mail
■ 現在の専門分野
神経内科学 (キーワード:脳、血管内皮、循環) 
■ 受賞履歴
1. 2015/03 埼玉医科大学国際医療センター 優秀指導医
2. 2016/03 埼玉医科大学国際医療センター 優秀指導医
3. 1998/01 東北脳血管懇話会中村隆賞
4. 1999/04 日本心臓財団入澤宏賞
5. 1999/06 臨床薬理財団若手研究奨励賞
全件表示(7件)
■ 著書
1. その他  脳卒中または一過性脳虚血発作の既往がある心房細動患者におけるアピキサバンとワルファリンの比較:ARISTOTLE試験サブ解析「脳と循環」 2015/05
2. その他  対応が早いほどリスク減! 一時的に症状が現れて消える軽症脳卒中を見逃すな!「強い血管を自力でつくるNo.1療法」 2015/01
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  Prognosis and classification of severely hemiplegic stroke patients in a rehabilitation hospital 2017/03
2. 学術雑誌(原著)  Triptan-induced Reversible Cerebral Vasoconstriction Syndrome: Two Case Reports with a Literature Review. 2016/12
3. 学術雑誌(原著)  Carotid Artery Stenting for Acute Ischemic Stroke Patients after Intravenous Recombinant Tissue Plasminogen Activator Treatment. 2016/10
4. 学術雑誌(原著)  Functional Outcomes of Decompressive Craniectomy in Patients with Malignant Middle Cerebral Artery Infarction and Their Association with Preoperative Thalamus Deformation: An Analysis of 12 Patients. 2016/08
5. 学術雑誌(原著)  Prediction of Independent Walking Ability for Severely Hemiplegic Stroke Patients at Discharge from a Rehabilitation Hospital. 2016/08
全件表示(60件)
■ 学会発表
1. くも膜下出血後にWallenberg症候群を呈し重度の歩行障害を認めた一例 ―訓練量に着目して― (ポスター,一般) 2016/11/11
2. パニック障害のある重度運動麻痺・失語症症例へのアプローチ―リハ介入方法の重要性について― (ポスター,一般) 2016/11/11
3. 回復期リハビリテーション病棟における脳卒中重度片麻痺患者のためのPrognostic Scaleの開発 (口頭発表,一般) 2016/11/11
4. 回復期リハビリテーション病棟に入院した脳卒中重度片麻痺患者の身体特性の類型化とその予後 (ポスター,一般) 2016/11/11
5. 下肢筋力低下が残存し歩行障害を呈した患者に対しノルディックポールを用いた理学療法の経験 (ポスター,一般) 2016/10/08
全件表示(71件)