(最終更新日:2018-12-27 14:30:00)
  カノウザワ コウイチ   KANOZAWA Koichi
  叶澤 孝一
   所属   埼玉医科大学  医学部 総合医療センター 腎・高血圧内科
   職種   准教授
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2004/01~2006/05  糖尿病性腎症患者のインスリン抵抗性とglimepirideの効果 機関内共同研究 (キーワード:糖尿病性腎症, インスリン抵抗性, glimepiride)
2. 2004/01~2006/03  糖尿病性腎症患者のインスリン抵抗性とglimepirideの効果 機関内共同研究 (キーワード:糖尿病性腎症, インスリン抵抗性, glimepiride)
3. 2004/01~2006/05  糖尿病性腎症患者のインスリン抵抗性とpioglitazoneの効果 機関内共同研究 (キーワード:糖尿病性腎症, インスリン抵抗性, pioglitazone)
4. 2004/01~2006/03  糖尿病性腎症患者のインスリン抵抗性とpioglitazoneの効果 機関内共同研究 (キーワード:糖尿病性腎症, インスリン抵抗性, pioglitazone)
5. 2004/02~2010/03  慢性進行性IgA腎症に対するカクテル療法の有効性に関する多施設共同研究 競争的資金等の外部資金による研究 
全件表示(22件)
■ 著書
1. 単行本  心臓・脈管疾患 血圧異常. 2019「イヤーノート内科・外科編」 2018/03
2. 単行本  本態性高血圧症「イヤーノートTOPICS 2018-2019」 2018/03
3. 単行本  心臓・脈管疾患 血圧異常「イヤーノート 内科・外科編 2018 p C-178-188」 2017/03
4. 単行本  本態性高血圧症「イヤーノートTOPICS 2017-2018」 2017/03
5. 単行本  心臓・脈管疾患 血圧異常「イヤーノート 内科・外科編 2017」 2016/03
全件表示(9件)
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(総説)  糖尿病性腎症治療におけるインスリン抵抗性改善薬の意義 2008/11
2. 学術雑誌(総説)  「アンギオテンシン作用阻害による腎臓病治療のエビデンス」 2007/09
3. 学術雑誌(原著)  Mature From of Adrenomedullin Is a Useful Maker to Evaluate Blood Volume in Hemodialysis Patients 2002/08
4. 学術雑誌(総説)  糸球体嚢胞腎 Glomerulocystic kidney 2012/01
5. 学術雑誌(総説)  高血圧と危険因子 2004/12
全件表示(23件)
■ 学会発表
1. Clinical assessment and prediction of efficacy of tolvaptan in autosomal dominant polycystic kidney (ADPKD) (ポスター,一般) 2017/11/03
2. Clinical advantage of renal arterial doppler ultrasonography for the assessment of tubulo-interstitial nephropathy (ポスター,一般) 2017/11/02
3. The study of mechanisms of SGLT2 inhibitors for renoprotection in human diabetic kidney disease (ポスター,一般) 2017/11/02
4. meigs症候群治療中にネフローゼ症候群が合併したMPGNの一例 (ポスター,一般) 2017/10/29
5. リツキシマブにより寛解導入し得たステロイド依存性ネフローゼ症候群の一例 (ポスター,一般) 2017/10/29
全件表示(274件)
■ 専門医・専門性キーワード
専門医取得の有無:有り
糖尿病性腎臓病
糖尿病性腎症
糸球体腎炎
ネフローゼ症候群
高血圧