(最終更新日:2019-01-02 15:59:00)
  カジハラ タケシ   KAJIHARA Takeshi
  梶原 健
   所属   埼玉医科大学  医学部 産科・婦人科
   職種   教授
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~  子宮内膜脱落膜化細胞でのオクタン酸産生機構の解明と着床現象における役割 基盤C 
2. 2003/10~  ヒト子宮内膜間質細胞脱落膜過程における各種転写因子の発現 国際共同研究 (キーワード:脱落膜化)
3. 2007/04~  前置癒着胎盤の病態解明と予知について 基盤C 
4. 2007/04~  着床不全症例に対する子宮内膜への直接作用を利用したヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(hCG)を用いた治療に関する基礎的研究及びその臨床応用 その他の補助金・助成金 
5. 2008/04~2009/03  子宮内膜脱落膜化へのHCGの影響  
全件表示(10件)
■ 受賞履歴
1. 2017/11 島原科学振興会研究助成
2. 2003/10 大和日英基金 海外留学助成
3. 2007/11 日本生殖医学会学術奨励賞
4. 2009/01 山口内分泌疾患研究振興協会研究助成
5. 2010/09 国際不妊学会Poster Prize
全件表示(7件)
■ 著書
1. 単行本  生殖補助医療における多胎妊娠の予防「生殖医療の必修知識2017」 2017/09
2. 単行本  社会的卵子凍結「臨床医のための最新産科婦人科」 2017/05
3. 単行本  多胎妊娠「不妊・不育症診療指針(柴原浩章 編)」 2016/09
4. 単行本  採卵による合併症:骨盤腹膜炎(PID)、卵巣出血「不妊・不育症診療指針(柴原浩章 編)」 2016/09
5. 単行本  Oxidative Stress and Its Implication in Endometrial Function, Uterine Endometrial Function. (H Kanzaki editor) 2016/05
全件表示(13件)
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  Weight reduction using a formula diet recovers menstruation in obese patients with an ovulatory disorder. 2017/09
2. 学術雑誌(原著)  Overexpression of microRnA-542-3p attenuates the differentiating capacity of endometriotic stromal cells. 2017/06
3. 学術雑誌(原著)  Loss of miR-542-3p enhances IGFBP-1 expression in decidualizing human endometrial stromal cells. 2017/01
4. 学術雑誌(原著)  術後のヘモグロビン値低下を用いたTVM手術ラーニングカーブの検討 2016/05
5. 学術雑誌(原著)  Coagulation factors in whole blood collected from pregnant women and stored at 4°C. 2016/01
全件表示(80件)
■ 学会発表
1. 妊娠中に尿蛋白陽性で顕在化した腎疾患患者の予後 (口頭発表,一般) 2017/12/15
2. 劇症型溶血性レンサ球菌感染症を発症したSLE合併子宮腺筋症の一例 (ポスター,一般) 2017/12/09
3. 卵管妊娠329 例における血中hCG 値と臨床像の関連 (ポスター,一般) 2017/12/09
4. Tysnd1欠損による造精機能障害はプラスマローゲン前駆体の投与で改善する (ポスター,一般) 2017/12/01
5. 円錐切除術による頸管長短縮に対する頸管縫縮術後に前期破水から子宮内感染・早期新生児死亡に至った一例 (口頭発表,一般) 2017/11/22
全件表示(283件)
■ 専門医・専門性キーワード
専門医取得の有無:有り
産婦人科
生殖医学
不妊症治療
子宮内膜脱落膜化
着床