(最終更新日:2019-01-10 14:47:01)
  ワタナベ シュウイチ   WATANABE Shu-Ichi
  渡辺 修一
   所属   埼玉医科大学  医学部 生理学
   職種   教授
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2001/04~  網膜AIIアマクリン細胞の活動電位の特性と電位依存性Naチャネルの細胞内局在 個人研究 (キーワード:網膜,AIIアマクリン細胞,Naチャネル,活動電位)
2. 2003/10~2006/03  網膜A2アマクリン細胞におけるNaチャネルの局在とその機能的意義 個人研究 
3. 2003/10~2006/03  網膜A2アマクリン細胞におけるNaチャネルの局在とその機能的意義 基盤研究(C)(2) 
4. 2014/04~2018/03  医学部におけるリベラルアーツとしての言語教育カリキュラム研究:自律的学習者の育成 基盤研究(C) 
5. 2015/04~2018/03  多能性幹細胞から自己組織化による網膜神経節細胞と機能をもつ神経線維の分化誘導 国内共同研究 
全件表示(8件)
■ 著書
1. 単行本  「南山堂医学大辞典第20版」 2015/04
2. 単行本  「標準生理学第8版(小澤瀞司他総編集、本間研一他編集)、視覚、医学書院」 2014/03
3. 単行本  「視覚、ギャノング生理学 原書24版、」 2014/01
4. 単行本  「神経の興奮、新訂・生理学実習書(日本生理学会教育委員会‐監修)、」 2013/09
5. 単行本  「ギャノング生理学原書23版」 2011/01
全件表示(16件)
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  Glutamatergic input is coded by spike frequency at the soma and proximal dendrite of AII amacrine cells in the mouse retina. 2007/06
2. 学術雑誌(原著)  Expression of Nav1.1 in rat retinal AII-amacrine cells 2007/08
3. 学術雑誌(原著)  The TRPM1 channel is required for development of the rod ON bipolar cell-AII amacrine cell pathway in the retinal circuit 2017/10
4. 学術雑誌(原著)  Effects of neuroactive agents on axonal growth and pathfinding of retinal ganglion cells generated from human stem cells 2017/11
5. 学術雑誌(原著)  Generation of retinal ganglion cells with functional axons from mouse embryonic stem cells and induced pluripotent stem cells 2016/06
全件表示(48件)
■ 学会発表
1. Regulation of cell cycle and antiproliferative effect of a natural flavanone: hesperetin (ポスター,一般) 2016/09
2. e-learningシステムを用いた生理学実習の質的向上に影響する要因 (ポスター,一般) 2016/07
3. 医学英語授業における専門的知識と英語運用スキルのバランス (ポスター,一般) 2016/07
4. ヒトiPS細胞から機能する軸索を持った網膜神経節細胞への分化誘導 (ポスター,一般) 2016/03
5. ヘスペレチンのガン細胞に対する増殖抑制効果に関係する分子の検索 (ポスター,一般) 2016/03
全件表示(71件)