(最終更新日:2018-07-23 16:17:00)
  タナカ ジュンジ   TANAKA Junji
  田中 淳司
   所属   埼玉医科大学  医学部 放射線科(放射線科、核医学、放射線腫瘍科)
   職種   教授
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2007/04~  位相コントラストX線撮影法の臨床応用の研究 個人研究 (キーワード:位相コントラストX線、小焦点X線管球、コンピュータ画像)
2. 2009/04~  エックス線干渉計を用いた医用画像撮像の研究 競争的資金等の外部資金による研究 
■ 著書
1. 単行本  「解剖学:コメディカルのための専門分野テキスト改定第2版」 2013/04
2. 単行本  「医療領域の放射線管理マニュアル2006-- Q & A・医療関係法令」 2006/06
3. 単行本  「皮膚科学教科書 12章 皮膚科で必要な他科の知識:放射線科および放射線治療」 2006/03
4. 単行本  「放射線科専門医認定試験一次試験問題注釈 第七集(平成16?17年度分)基礎 防護解答・解説」 2006/03
5. 単行本  「「解剖学---コメディカルのための専門分野基礎テキスト」 改訂第3版」 2018/02
全件表示(13件)
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  Cadaveric and in vivo human joint imaging based on differential phase contrast by X-ray Talbot-Lau interferometry. 2012/12
2. 学術雑誌(原著)  Phase Contrast Radiography の骨強度評価への応用 2013/02
3. 学術雑誌(原著)  Application of X-ray grating interferometry for the imaging of joint structures. 2013/10
4. 学術雑誌(原著)  Noninvasive evaluation of kidney hypoxia and fibrosis using magnetic resonance imaging. 2011/08
5. 学術雑誌(原著)  MR Imaging of Polypoid Endometriosis of the OvaryMagnetic resonance in medical sciences 2012/03
全件表示(49件)
■ 学会発表
1. CZT半導体ガンマカメラを用いた超高速脳血流SPECT. (口頭発表,一般) 2018/07/14
2. Evaluation of a new X-ray imaging system based on Talbot-Lau interferometry: initial images of the knee joints of healthy volunteers and OA patients. (ポスター,一般) 2018/02/28
3. 右明細胞癌を合併した閉経後の両側卵巣線維腫症の一例. (口頭発表,一般) 2017/12/16
4. MR imaging findings of morphological changes and complications after drug treatment in the gynecologic oncology. (ポスター,一般) 2017/11/27
5. 難治性乳糜腹水に対して腰部リンパ管漏出部を直接穿刺による充填術を施行した1例 (口頭発表,一般) 2017/07/09
全件表示(103件)
■ 専門医・専門性キーワード
専門医取得の有無:有り
画像診断学
画像下治療学
放射線被曝防護
医学教育
位相コントラストX線撮像法