(最終更新日:2019-03-25 13:06:11)
  トクヒラ ミチヒデ   TOKUHIRA Michihide
  得平 道英
   所属   埼玉医科大学  医学部 総合医療センター 血液内科
   職種   教授
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2009/04~2010/11  生理活性物質による白血病幹細胞を標的にした低侵襲治療の開発 その他の補助金・助成金 
2. 2009/06~2011/03  生理活性物質AGAをリードとした構造展開による多発性骨髄腫に対する新規治療薬の開発 その他の補助金・助成金 
3. 2009/06~2011/03  生理活性物質AGAをリードとした構造展開による多発性骨髄腫に対する新規治療薬の開発 機関内共同研究 
4. 2009/12~2010/11  生理活性物質による白血病幹細胞を標的にした低侵襲治療の開発 機関内共同研究 
5. 2010/10~2012/03  生理活性物質をリード化合物とする構造展開による多発性骨髄腫の新規分子標的薬の開発 その他の補助金・助成金 
全件表示(24件)
■ 著書
1. 単行本  フローサイトメトリー Ⅲ.血液診療に必要な検査とその解釈「血液内科グリーンノート」 2017/10
2. 単行本  ホジキンリンパ腫(HL) Ⅵ.疾患各論「血液内科グリーンノート」 2017/10
3. 単行本  白血病に対する分子標的療法 Chpter5 白血病治療に必要な知識「メデイカルスラッフのための白血病診療ハンドブック」 2017/10
4. 単行本  非ホジキンリンパ腫(NHL) Ⅵ.疾患各論「血液内科グリーンノート」 2017/10
5. 単行本  「初発CML―CPの治療方針」 2014/10
全件表示(20件)
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  Human parvoviruss B19による血球貪食症候群を発症し、ウイルス性心筋炎を合併した成人の遺伝性球状赤血球症 2018/06
2. 学術雑誌(原著)  Introduction of second-generation tyrosine kinase inhibitors may reduce the prognostic impact of high-risk patients, according to the European Treatment and Outcome Study (EUTOS) score. 2018/05
3. 学術雑誌(原著)  Efficacy and safety of nilotinib therapy in patients with newly diagnosed chronic myeloid leukemia in the chronic phase. 2018/02
4. 学術雑誌(原著)  Successful early romiplostim use in a case of severe immune thrombocytopenia
with critical carotid arterial injury. 2018/01
5. 学術雑誌(原著)  Distinct patterns of lymphocyte count transition in lymphoproliferative disorder in patients with rheumatoid arthritis treated with methotrexate. 2017/06
全件表示(71件)
■ 学会発表
1. プレリキサホルを使用した自家末梢血細胞移植の有効性 (ポスター,一般) 2019/03/08
2. メトトレキサート関連リンパ増殖性疾患と基礎と臨床(教育講演6) (口頭発表,特別・招待講演等) 2018/11/25
3. 関節リウマチにおけるリンパ増殖性疾患とそのマネジメント (口頭発表,特別・招待講演等) 2018/11/23
4. エルトロンボパグにより血球減少の進行とWT1上昇を認めたが中止により改善し得た重症再生不良性貧血 (ポスター,一般) 2018/10/14
5. 三叉神経に腫瘤を形成した血管内第細胞型B細胞リンパ腫 (ポスター,一般) 2018/10/14
全件表示(226件)