(最終更新日:2019-07-12 09:13:03)
  タカハシ カズシ   TAKAHASHI Kazushi
  高橋 一司
   所属   埼玉医科大学  医学部 神経内科
   職種   教授
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2011/04~2014/03  ヒトの意思決定の神経基盤研究―発症時パーキンソン病患者の行動経済学的解析 基盤研究(C) 
2. 2015/04~2018/03  パーキンソン病における網膜イメージングの有用性に関する基盤研究 医歯薬学 境界研究 病態検査学 臨床検査医学 
■ 著書
1. 単行本  Part 7. その他、2. 認知症「臨床現場で使える!!総合診療内科マニュアル」 2019/05
2. 単行本  第1章 パーキンソン病のリハビリテーション —総論—、Q&A 03 早期診断と治療とは?「パーキンソン病の医学的リハビリテーション」 2018/11
3. 単行本  III. 主な脳卒中の診断と治療、脳血管性パーキンソニズム「神経内科外来シリーズ5 脳卒中外来、総編集 荒木 信夫、担当編集 棚橋紀夫」 2017/02
4. 単行本  IV. 日常診療におけるポイント、BPSDを中心とする対応、9. レヴィ小体病における嗅覚障害やRBDにはどのように対応するのですか?「神経内科 Questions $ Pearls 認知症、鈴木則宏 監修、高尾昌樹 編集」 2016/12
5. 単行本  II. 外来診察の進め方、検査「神経内科外来シリーズ2   パーキンソン病外来、総編集 荒木 信夫、担当編集 山元 敏正、高橋 一司」 2016/03
全件表示(10件)
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(総説)  【嚥下障害と誤嚥性肺炎】各論:主な神経疾患の嚥下障害の臨床、パーキンソン病. 2019/05
2. 学術雑誌(原著)  Clinical significance of fatal laryngeal stridor in fatal familial insomnia 2019/04 Link
3. 学術雑誌(原著)  Clinical significance of fatal laryngeal stridor in fatal familial insomnia. 2019/03 Link
4. 学術雑誌(原著)  Postural Abnormality in Parkinson Disease: A Large Comparative Study With General Population 2019/03
5. 学術雑誌(原著)  Effect of Yokukannsan on Nitric Oxide Production and Hydroxyl Radical Metabolism during Cerebral Ischemia and Reperfusion in Mice. 2019/01
全件表示(41件)
■ 学会発表
1. トリヘキシフェニジルにより舞踏運動が誘発された痙性斜頸の1例 (ポスター,一般) 2019/07/26
2. MRIによる脳構造の定量解析を用いたProgressive supranuclear palsyの早期診断法 (ポスター,一般) 2019/07/25
3. パーキンソン病の非運動症状の治療方針 (口頭発表,特別・招待講演等) 2019/07/25
4. e-ラーニング受講率向上の取り組みに関する検討 第2報 受講効率化への取り組み (口頭発表,一般) 2019/07/20
5. Effect of Yokukannsan on Nitric Oxide Production and Hydroxyl Radical Metabolism during Cerebral Ischemia and Reperfusion in Mice. (ポスター,一般) 2019/07/07
全件表示(114件)
■ 専門医・専門性キーワード
専門医取得の有無:有り
日本神経学会専門医
日本内科学会総合内科専門医
日本認知症学会専門医
日本頭痛学会認定頭痛専門医
日本脳卒中学会専門医