(最終更新日:2019-03-18 14:49:44)
  ナガタ マコト   NAGATA Makoto
  永田 真
   所属   埼玉医科大学  医学部 呼吸器内科
   職種   教授
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2004/04~2005/03  ロイコトリエンと接着分子による好酸球の気道組織浸潤と活性化の調節機構の解析 基盤研究(C)(2) 
2. 2006/04~  ガイドライン普及のための対策とそれに伴うQOLの向上の研究 競争的資金等の外部資金による研究 
3. 2006/04~2009/03  成人喘息の寛解を目指した治療薬の減量・中止に関する研究  
4. 2006/04~  成人気管支ぜん息患者の重症度等に応じた健康管理支援、保健指導の実践及び評価手法に関する調査研究 競争的資金等の外部資金による研究 
5. 2007~2008/03  ガイドライン普及のための対策とそれに伴うQOLの向上に関する研究  
全件表示(11件)
■ 現在の専門分野
内科・呼吸器内科学 (キーワード:内科・呼吸器内科学) 
■ 受賞履歴
1. 2004/10 日本アレルギー協会アボットジャパン学術奨励賞
2. 2005/10 第1回日本アレルギー学会学術大会賞
■ 著書
1. 単行本  アレルギー治療薬「治療薬マニュアル2016」 2016/04
2. 単行本  アレルギー疾患 最近の動向「今日の治療指針2016」 2016/04
3. 単行本  気管支喘息「YEAR NOTE TOPICS 2016」 2016/04
4. 単行本  「ダニアレルギーにおけるアレルゲン免疫療法の手引」 2015/03
5. 単行本  急性好酸球肺炎「免疫症候群(第2版)別冊日本臨床」 2015/12
全件表示(45件)
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  Eosinophil transendothelial migration induced by the bronchoalveolar lavage fluid of acute eosinophilic pneumonia. 2017/07
2. 学術雑誌(原著)  Elevated uric acid and adenosine triphosphate concentrations in bronchoalveolar lavage fluid of eosinophilic pneumonia. 2017/09
3. 学術雑誌(原著)  Long-term safety of subcutaneous immunotherapy with TO-204 in Japanese patients with house dust mite-induced allergic rhinitis and allergic bronchial asthma: Multicenter, open label clinical trial. 2017/12
4. 学術雑誌(原著)  スギ花粉舌下免疫療法におけるアドヒアランス不良例と脱落例の背景と治療に対する理解度の検討 -1年目調査―. 2017/12
5. 学術雑誌(総説)  気管支喘息とCOPDとの接点. 2017/04
全件表示(271件)
■ 学会発表
1. Budesonide / formoterol reduce the production of IL-5 and RANTES (ポスター,一般) 2008/03/15
2. IP-10 Induced Eosinophil Superoxide Anion Generation (ポスター,一般) 2008/03/15
3. Eosinophil functions induced by adhesion molecules and leukotriene D4  2007/12/05
4. Budesonide/formoterol erduces the prioduction of IL-5, RANTES, and TNF-α from mononuclear cells but not the adhesion of activated eosinophils.  2007/12/04
5. Interferon-β augments eosinophil adhesion-inducing activitiy of endothelial cells. .  2007/12/03