(最終更新日:2018-07-25 15:51:49)
  ナカヒラ ケンスケ   NAKAHIRA Kensuke
  中平 健祐
   所属   埼玉医科大学  医学部 教養教育
   職種   准教授
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1999/04~2002/03  哺乳類神経系におけるイオンチャネルの局在制御機構の解明 企業からの受託研究 
2. 2002/04~2006/08  Kチャネルの局在と機能の解明 機関内共同研究 (キーワード:電位依存性K+チャネル, synapse, localization, mossy fiber, 小脳顆粒細胞)
3. 2002/04~2006/03  網膜細胞のイオンチャネル・受容体の解析 機関内共同研究 (キーワード:AII amacrine cell, 電位依存性Na+チャネル, localization, 網膜)
4. 2006/09~  Kチャネルの局在と機能の解明 機関内共同研究 (キーワード:電位依存性K+チャネル, synapse, localization, mossy fiber, 小脳顆粒細胞)
■ 現在の専門分野
キーワード:神経発生 
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  Mossy fibre contact triggers the targeting of Kv4.2 potassium channels to dendrites and synapses in developing cerebellar granule neurons. 2004
2. 学術雑誌(原著)  Pleiotrophin mRNA is highly expressed in neural stem (progenitor) cells of mouse ventral mesencephalon and the product promotes production of dopaminergic neurons from embryonic stem cell-derived nestin-positive cells. 2004
■ 学会発表
1. e-learningシステムを用いた生理学実習レポート評価の効率化と質の向上 (ポスター,一般) 2018/03/30
2. 埼玉医科大学医学部における臨床推論ユニットの評価 (ポスター,一般) 2017/08/18
3. e-learningシステムを用いた生理学実習の質向上に影響する要因の検討 (ポスター,一般) 2016/07/30
4. 医学英語授業における専門的知識と英語運用スキルのバランス (ポスター,一般) 2016/07/30
5. e-learningシステムを用いた生理学実習の効率化と質向上の検討 (ポスター,一般) 2015/07/24
全件表示(8件)