(最終更新日:2018-08-29 21:44:33)
  ナカヤマ ノブアキ   NAKAYAMA Nobuaki
  中山 伸朗
   所属   埼玉医科大学  医学部 消化器内科・肝臓内科
   職種   専任講師
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2012/04~2015/03  経口感染によるウイルス性肝炎(A型及びE型)の感染防止、病態解明、遺伝的多様性及び治療に関する研究  
2. 2015/04~2018/03  経口感染によるウイルス性肝炎(A型及びE型)の感染防止、病態解明、 治療等に関する研究  
3. 2004/04~2007/03  難治性C型慢性肝炎の治療法確立に関する研究 機関内共同研究 (キーワード:慢性肝炎,肝硬変,肝炎ウイルス,HCV,インターフェロン,抗ウイルス療法)
4. 2004/04~2006/03  新しいセリンプロテアーゼを介するアポトーシスと細胞内シグナル伝達機構の解析 機関内共同研究 
5. 2004/04~2005/03  新しいセリンプロテアーゼを介するアポトーシスと細胞内シグナル伝達機構の解析 機関内共同研究 
全件表示(9件)
■ 著書
1. 単行本  「肝臓 劇症肝炎とde novo肝炎(解説)」 2014/01
2. 単行本  「37 肝炎治療薬」 2014/01
3. 単行本  「重症型アルコール性肝炎と肝不全 Hepatology Practice 2  NASH・アルコール性肝障害の診療を極める」 2013/10
4. 単行本  「再活性化の病態とその対策 Hepatology Practice 1 B型肝炎の診療を極める」 2013/10
5. 単行本  「劇症肝炎におけるde novo B型肝炎の位置づけ de novo B型肝炎―HBV再活性化予防のための基礎知識」 2013/09
全件表示(21件)
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(総説)  【薬物性肝障害の新展開-疑問点の集約とその解決を探る】 疫学、診断 劇症化への予測 劇症肝炎を惹起した薬剤(解説/特集) 2014/02
2. 学術雑誌(原著)  Telaprevir-induced, but not pegylated interferon-associated, retinopathy as a noteworthy adverse effect during triple antiviral therapy in patients with chronic hepatitis C. 2014/02
3. 学術雑誌(総説)  【皮膚科日常診療レベルアップエッセンス】 (II章)治療 療法 Additional 肝障害患者に対して注意すべき投薬 2013/11
4. 学術雑誌(原著)  Novel hepatitis B virus strain developing due to recombination between genotypes H and B strains isolated from a Japanese patient. 2013/09
5. 学術雑誌(原著)  Transcatheter arterial chemoembolization for hepatocellular carcinoma: Comparison of the therapeutic efficacies between miriplatin and epirubicin. 2013/08
全件表示(76件)
■ 学会発表
1. 膵・胆管合流異常症に対する分流手術25年後に膵癌を認めて切除した1例 (口頭発表,一般) 2018/02/17
2. パテンシーカプセル内服後の小腸穿孔を来たして診断されたクローン病の1例 (口頭発表,一般) 2017/12/10
3. 結腸静脈瘤からの出血をB-RTOで予防したアルコール性肝硬変の1例 (口頭発表,一般) 2017/12/02
4. Multicenter Survey for Patients with Acute-on-Chronic Liver Failure in Japan (ポスター,一般) 2017/10/22
5. Nationwide Survey for Acute Liver Failure and Late-Onset Hepatic Failure in Japan (ポスター,一般) 2017/10/22
全件表示(315件)
■ 専門医・専門性キーワード
専門医取得の有無:有り
消化器病学
肝臓病学
内科学
急性肝炎
肝不全