(最終更新日:2019-07-17 15:36:57)
  ヤマダ タケト   YAMADA Taketo
  山田 健人
   所属   埼玉医科大学  医学部 病理学
   職種   教授
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2012/04~2015/03  悪性中皮腫のヒト化CD26抗体療法の確立及び化学療法剤の有効性評価に有用な新規疾患関連バイオマーカーの開発  (キーワード:中皮腫、CD26、抗体療法、バイオマーカー)
2. 2013/04~2016/03  難治性溶骨性骨転移のヒト化抗CD26モノクローナル抗体を用いた分子標的療法の開発 基盤研究(C) (キーワード:CD26、破骨細胞、骨融解、抗体療法)
3. 2014/04~2017/03  治療法の進歩からとり残された高リスク骨髄腫に対する新しいコンセプトによる創薬研究 基盤研究(C) (キーワード:骨髄腫)
4. 2015/04~2018/03  悪性中皮腫に対するヒト化抗CD26抗体を基盤とする安全かつ有効な新規併用療法の確立  (キーワード:分子標的療法、中皮腫、ヒト化抗CD26抗体)
5. 2016/04~2019/03  ヒト化抗体とCD26の核内移行によるRNAポリメラーゼII標的抗がん療法の開発 基盤研究(B) 
全件表示(11件)
■ 現在の専門分野
人体病理学, 実験病理学, 病態検査学, 医療系薬学 (キーワード:がん、分子標的療法、疾患モデル、分子病理学) 
■ 著書
1. 単行本  The Use of the Humanized Anti-CD26 Monoclonal Antibody YS110A as a Novel Targeted Therapy for Refractory Cancers and Immune Disorders., Advances in Medicine and Biology 2018
2. 単行本  The Use of the Humanized Anti-CD26 Monoclonal Antibody YS110A as a Novel Targeted Therapy for Refractory Cancers and Immune Disorders 2017/07
3. 単行本  核内移行するヒト化抗CD26モノクローナル抗体-TFⅡH阻害剤複合体「抗体薬物複合体(ADC)の設計開発」 2016/05
4. 単行本  石綿関連疾患の病理 培養細胞を用いたモデル実験「石綿関連疾患の病理とそのリスクコミュニケーション」 2015/12
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  Prospective Study of Combination Therapy with Low-Dose Thalidomide plus Prednisolone Ameliorating Cytopenia in Primary Myelofibrosis. 2111
2. 学術雑誌(症例報告)  Necrosis of the small intestine leading to a diagnosis of polyarteritis nodosa: a case report 2019/03
3. 学術雑誌(症例報告)  An autopsy case of mast cell leukemia 2019/02
4. 学術雑誌(原著)  A novel derivative (GTN024) from a natural product, komaroviquinone, induced the apoptosis of high-risk myeloma cells via reactive oxygen production and ER stress 2018/11
5. 学術雑誌(原著)  CD26 is a potential therapeutic target by humanized monoclonal antibody for the treatment of multiple myeloma. 2018/10
全件表示(150件)
■ 学会発表
1. 多発性骨髄腫においてSP細胞はヒト化モノクローナル抗体の治療標的となる (口頭発表,一般) 2019/10/12
2. 天然物由来成分komaroviquinone 及びその誘導体群はin vivo において抗骨髄腫活性を示す (口頭発表,一般) 2019/06/08
3. 転移性腫瘍が疑われた消化管外アニサキス症の2例 (ポスター,一般) 2019/05/10
4. CD26 is a potential therapeutic target by humanized monoclonal antibody in multiple myeloma (口頭発表,一般) 2019/05/09
5. A novel komaroviquinone derivative, GTN024, induced apoptosis of high-risk myeloma cells in vivo via ROS production and ER stress. (ポスター,一般) 2018/12/10
全件表示(52件)
■ 取得特許
1. 2018/03/16 抗ヒトCD26モノクローナル抗体(特願2018-049308)
2. 2016/10/21 フェニルフタルイミド修飾体及びそれを有効成分とする抗癌剤(2016-207402)
3. 2015/09/11 抗CD26抗体と他の抗癌剤とを組み合わせた癌治療用組成物(2015-179672)
4. 2013/07/31 抗ヒトCD26モノクローナル抗体又はその抗原結合性断(2013-158533)
5. 2008/11/25 サリドマイド誘導体を有効成分とする抗癌剤(2008-300042)
全件表示(8件)
■ 専門医・専門性キーワード
専門医取得の有無:有り
病理学
病理診断学
分子細胞生物学
腫瘍学
分子標的療法