(最終更新日:2019-01-15 17:20:44)
  イッシキ マサシ   ISSHIKI MASASHI
  一色 政志
   所属   埼玉医科大学  医学部 中央研究施設
   職種   准教授
■ メールアドレス
  kyoin_mail
  kyoin_mail
■ 現在の専門分野
内分泌学 (キーワード:内分泌、高血圧、内皮機能、細胞内シグナルイメージング) 
■ 受賞履歴
1. 1997 日本高血圧学会Young Investigator Travel Award
2. 1998 国際高血圧学会Young Investigator Travel Award
3. 1998 日本心臓財団・高血圧と血管代謝研究会生理学部門最優秀賞
4. 1999 萬有Fellowship Awards in Cardiovascular Medicine
5. 2001 (財) 地域医学研究基金高血圧と動脈硬化研究会部会優秀賞
全件表示(10件)
■ 著書
1. 単行本  「カベオリン. 疾患モデルの作成と利用-脂質代謝異常と関連疾患上巻 第2章題コレステロール・脂肪酸代謝関連因子 第13節」 2015/01
2. 単行本  褐色細胞腫. 内科学18章第第5節「内科学」 2012/07
3. 単行本  「NHKここが聞きたい! 名医にQ 高血圧のベストアンサー」 2011/08
4. 単行本  糖尿病に伴う高血圧.「循環器研修医ノート」 2010/06
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(総説)  特集 私のこだわりの降圧薬の使い方ー専門家はこの降圧薬を使う
Ca拮抗薬 2017/07
2. 学術雑誌(原著)  A High-Salt Diet Differentially Modulates Mechanical Activity of Afferent and Efferent Collecting Lymphatics in Murine Iliac Lymph Nodes. 2015/06
3. 学術雑誌(原著)  A high salt diet alters pressure-induced mechanical activity of the rat lymphatics with enhancement of myogenic characteristics. 2015/03
4. 学術雑誌(原著)  Anti-albuminuric effect of the aldosterone blocker eplerenone in non-diabetic hypertensive patients with albuminuria: a double-blind, randomized, placebo-contgrolled trial. 2014/12
5. 学術雑誌(原著)  Comparison of the antialbuminuric effects of benidipine and hydrochlorothiazide in Renin-Angiotensin System (RAS) inhibitor-treated hypertensive patients with albuminuria: the COSMO-CKD (COmbination Strategy on Renal Function of Benidipine or Diuretics TreatMent with RAS inhibitOrs in a Chronic Kidney Disease Hypertensive Population) study. 2014/06
全件表示(34件)
■ 学会発表
1. 緩徐進行1型糖尿病に合併したアルドステロン症の1例 (口頭発表,一般) 2016/06/11
2. 高血圧糖尿病患者に対するイプラグリフロジンの腎保護効果 (口頭発表,一般) 2016/05/14
3. A FRET-based sonsor detects spatially distinct Ca2+ stores in the caveolae of endothelial cells. (口頭発表,一般) 2012/11/05
4. FRET法およびピロアンチモン酸法によるカベオラ小胞内Ca2+ イメージング (口頭発表,特別・招待講演等) 2012/04/21
5. 内皮細胞膜直下カベオラ小胞はCa2+ 放出可能なCa2+ ストアサブコンパートメントとして機能する. (ポスター,一般) 2012/04/14
全件表示(13件)