(最終更新日:2019-04-09 15:14:52)
  ヤスダ マサノリ   YASUDA Masanori
  安田 政実
   所属   埼玉医科大学  医学部 国際医療センター 病理診断科
   職種   教授
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2007/04~2009/03  HIF-1αを分子標的とする卵巣癌治療へのアプローチ その他の補助金・助成金 
2. 2009/04~2012/03  治療の個別化を視野に入れた、卵巣腫瘍における低酸素関連因子の解析 基盤研究(C) 
3. 2012/04~2015/03  治療の観点からみた卵巣癌の特徴付け:低酸素関連因子の発現に基づいた治療の個別化 基盤研究(C) 
4. 2015/04~2018/03  低酸素関連因子の核内移行とその抑制効果の検討:治療的視野からみた個別化 基盤研究(C) 
■ 著書
1. 単行本  病気のはなし「卵巣腫瘍検査と技術」 2015/06
2. 単行本  病理診断クイックリファレンス】 (第11章)女性生殖器 セルトリ・ライディッヒ細胞腫「病理と臨床」 2015/04
3. 単行本  「腫瘍病理鑑別診断アトラス 卵巣腫瘍」 2012/04
4. 単行本  「臨床医のための病理診断アトラス.“彩の国さいたま”病理診断セミナーからのメッセージ第3巻.」 2010/05
5. 単行本  「子宮腫瘍病理アトラス」 2007/04
全件表示(6件)
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(その他)  Molecular association of functioning stroma with carcinoma cells in the ovary: A preliminary study. 2019/03
2. 学術雑誌(症例報告)  非特異複合体形成の関与により血清SCCAの高値を示した胸腺腫の1症例 2018/10
3. 学術雑誌(原著)  MET amplification in endometrial cancers with clear-cell carcinoma components. 2018/06
4. 学術雑誌(原著)  Association of histone deacetylase expression with histology and prognosis of ovarian cancer. 2018/03
5. 学術雑誌(症例報告)  Pulmonary Tumor Embolism Due to Squamous Cell Carcinoma of the Uterine Cervix: A Case Report. 2018/03
全件表示(116件)
■ 学会発表
1. 高異型度漿液性癌high-grade serous carcinoma(HGSC)の細胞像・病理像・臨床像. (ポスター,一般) 2017/11/18
2. 舌扁平上皮癌におけるPD-L1の発現の検討:治療選択および予後予測マーカーとしての意義.Immunohistochemical PD-L1 expression:Its significance of marker for therapeutic strategy and prognostic prediction. (ポスター,一般) 2017/08/23
3. SilibininによるHIF-1阻害の検討 卵巣癌化学療法における補助的意義. (ポスター,一般) 2017/07/27
4. 卵巣癌におけるHDACの免疫組織化学的発現の検討. (ポスター,一般) 2017/07/27
5. 子宮・卵巣癌肉腫に対するパゾパニブの治療経験.  2017/07/27
全件表示(174件)
■ 専門医・専門性キーワード
専門医取得の有無:有り
病理診断学
細胞診断学
婦人科病理学
泌尿器病理学
免疫組織化学