(最終更新日:2018-12-27 11:15:52)
  イケダ カズヒロ   IKEDA Kazuhiro
  池田 和博
   所属   埼玉医科大学  医学部 ゲノム医学研究センター
   職種   専任講師
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2001/04~2002/03  癌治療薬の新規分子標的同定をめざした女性生殖系癌に特異的なエストロゲン応答性遺伝子の網羅的単離とその機能解析  
2. 2002/04~2003/03  精巣におけるDESの作用機構  
3. 2004/04~2006/03  エストロゲン及びSERMの組織特異的作用を担う標的遺伝子の解析と病態における意義 若手(B) 
4. 2006/04~2009/03  ヒト幹細胞におけるウイルス感染防御機構の解析 その他の補助金・助成金 
5. 2006/04~2008/03  全ゲノム中のエストロゲン標的遺伝子の同定と疾患・癌における機能の解析 若手研究(B) 
全件表示(28件)
■ 現在の専門分野
内分泌学, 病態医化学, 医化学一般, 腫瘍生物学 (キーワード:ステロイドホルモン、がん、遺伝子発現、シグナル伝達、ミトコンドリア) 
■ 受賞履歴
1. 2017/07 第5回がんと代謝研究会 優秀ポスター発表賞
2. 2009/01 研究奨励賞(第9回関東ホルモンと癌研究会)
3. 2013/10 学術奨励賞(第15回日本骨粗鬆症学会)
■ 著書
1. 単行本  Analysis of TFRNs Associated with Steroid Hormone-Related Cancers., Methods in Molecular Biology Transcription Factor Regulatory Networks. 2014/05
2. 単行本  Roles of Estrogen-Related Receptors In Adipocyte Differentiation: Short Communication, Adipocytes: Biology, Regulation and Health Impact 2013
3. 単行本  TRIM Proteins as RING Finger E3 Ubiquitin Ligases., TRIM/RBCC proteins 2012
4. 単行本  「ホルモン依存性がんと転写カスケード」 2008/12
5. 単行本  RING finger-B box-coiled coil (RBCC) proteins as ubiquitin ligase in the control of protein degradation and gene regulation 2005/04
全件表示(9件)
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  TRIM25 enhances cell growth and cell survival by modulating p53 signals via interaction with G3BP2 in prostate cancer. 2018/04
2. 学術雑誌(原著)  Extracellular vesicle-mediated EBAG9 transfer from cancer cells to tumor microenvironment promotes immune escape and tumor progression. 2018/01
3. 学術雑誌(原著)  Proteasome 26S subunit PSMD1 regulates breast cancer cell growth through p53 protein degradation. 2018/01
4. 学術雑誌(総説)  ブルーネイティブ電気泳動によるミトコンドリア呼吸鎖複合体の解析:スーパー複合体形成促進因子COX7RPの解析を中心として 2017/11
5. 学術雑誌(原著)  TRIM44 Is a Poor Prognostic Factor for Breast Cancer Patients as a Modulator of NF-kB Signaling. 2017/09
全件表示(104件)
■ 学会発表
1. Bladder cancer patient-derived cells and xenografts enable to characterize cancer stem-like cell phenotype (膀胱がん患者由来細胞と異種移植モデルの樹立およびがん幹細胞様の特性を標的とした治療法) (口頭発表,一般) 2018/09/27
2. Estrogen-inducible lncRNA facilitates estrogen receptor signaling and contributes to breast cancer tumorigenesis (エストロゲン誘導性長鎖非コードRNAはエストロゲン経路を亢進することによって乳がんの進展に関わる) (口頭発表,一般) 2018/09/27
3. [ワークショップ] エクソソームを介するEBAG9の伝達は免疫細胞の細胞傷害性を抑制し前立腺がん細胞の免疫系からの回避を引き起こす (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2018/06/29
4. [ワークショップ] 患者由来子宮内膜がん三次元培養とPatient-Derived Xenograft(PDX)モデルの樹立 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2018/06/29
5. エストロゲン応答遺伝子Ebag9欠損マウスにおける骨量減少 (ポスター,一般) 2018/06/24
全件表示(345件)
■ 取得特許
1. 2018/05/16 二本鎖核酸分子、DNA、ベクター、がん細胞増殖抑制剤、医薬、及びSPON1-TRIM29融合遺伝子の利用(特願2018-094774)
2. 2018/01/31 抗がん剤(特願2018-014419)
3. 2017/07/28 EBAG9に対するモノクローナル抗体、及びハイブリドーマ、並びにEBAG9に対するモノクローナル抗体の利用(6182149)
4. 2016/07/29 二本鎖核酸分子、DNA、ベクター、癌細胞増殖抑制剤、及び医薬(5976922)
5. 2015/10/16 糖代謝、脂質代謝、肥満、及び寿命を制御する制御遺伝子、及びタンパク質、並びにスクリーニング方法(5823299)
全件表示(20件)
■ 専門医・専門性キーワード
専門医取得の有無:無し
ステロイド
がん
転写
エネルギー代謝
ミトコンドリア