(最終更新日:2018-08-03 16:56:47)
  スガサワ マサシ   SUGASAWA Masashi
  菅澤 正
   所属   埼玉医科大学  医学部 国際医療センター 耳鼻咽喉科(頭頸部腫瘍科)
   職種   教授
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2003/04~2007/03  頭頚部深部臓器に対するアプローチ 個人研究 (キーワード:ルビエールリンパ節、副咽頭間隙)
2. 2003/04~2007/03  頭頚部深部臓器へのアプローチ 個人研究 (キーワード:咽頭後リンパ節、副咽頭間隙)
3. 2003/04~2006/03  頸部郭清術の標準化 国内共同研究 (キーワード:頭頚部癌、扁平上皮癌、リンパ節転移、手術)
4. 2005/07~2007/03  機能温存治療 機関内共同研究 (キーワード:音声、嚥下、集学的治療、化学療法)
5. 2005/07~2007/03  高齢者頭頚部癌症例に対する対応 機関内共同研究 (キーワード:高齢者、機能温存、手術)
全件表示(6件)
■ 著書
1. 単行本  頸部リンパ節転移【頸部郭清含む)「今日の耳鼻咽喉科・頭頸部外科治療指針」 2018/06
2. 単行本  「耳鼻咽喉科疾患へのアプローチ」 2005/05
3. 単行本  「悪性リンパ腫」 2004/10
4. 単行本  「中耳の病気」 2004/08
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  Sentinel Node Biopsy for the Head and Neck Using Contrast-Enhanced Ultrasonography Combined with Indocyanine Green Fluorescence in Animal Models: A Feasibility Study. 2015/07
2. 学術雑誌(原著)  Prevalence of Human Papillomavirus in Oropharyngeal Cancer: A Multicenter Study in Japan. 2014/06
3. 学術雑誌(症例報告)  下咽頭癌科学放射線療法後に化膿性脊椎炎から硬膜外膿瘍を発症した一例 2013/12
4. 学術雑誌(症例報告)  Monophasic synovial sarcoma of the nasopharynx 2013/04
5. 学術雑誌(原著)  Validation of nomogram-based prediction of survival probability after salvage re-irradiation of head and neck cancer. 2013/02
全件表示(55件)
■ 学会発表
1. QUANTITATIVE DW-MRI FOR THE DIFFERENTIAL DIAGNOSIS BETWEEN FOLLICULAR ADENOMAS AND FOLLICULAR CARCINOMAS OF THE THYROID GLAND: EFFECT OF ROI ON THE VALUE OF THE ADC (ポスター,一般) 2012/07/22
2. Treatment Problems in Aged Head and Neck Cancer Patients (ポスター,一般) 2012/07/22
3. 当科における中咽頭癌症例の臨床的検討 (口頭発表,一般) 2012/06/07
4. 当科における甲状腺未分化癌の検討 (口頭発表,一般) 2012/06/07
5. 当科における舌がん症例の検討 (口頭発表,一般) 2012/06/07
全件表示(25件)
■ 専門医・専門性キーワード
専門医取得の有無:有り
頭頸部癌
機能温存手術
内耳生理
化学放射線療法
集学的治療