photo
    (最終更新日:2018-12-02 14:10:00)
  ヤマネ トモヒコ   YAMANE Tomohiko
  山根 登茂彦
   所属   埼玉医科大学  医学部 国際医療センター 放射線科(放射線腫瘍科、画像診断、核医学科)
   職種   准教授
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/04~  低酸素PETによる膵癌の治療ストラテジー構築 基盤研究(C) (キーワード:核医学(PETを含む)、低酸素) Link
2. 2017/04~  拡散光イメージングを用いた薬物療法における乳がん微小環境の変化の多面的測定 基盤研究(B) (キーワード:拡散光スペクトロスコピー、PET、乳癌、微小環境、化学療法、癌、生体分子、放射線) Link
3. 2016/04~  非侵襲的なエストロゲン受容体および低酸素PETによる乳癌治療戦略構築のための研究 基盤研究(C) (キーワード:乳癌、PET、エストロゲン受容体、低酸素、放射線、核医学) Link
4. 2016/02~2018/01  ホルモン受容体PETによる乳癌の新規治療ストラテジー開発 その他の補助金・助成金  Link
5. 2012/08~2014/01  Positron emission tomography for the early monitoring after molecular targeted therapy 競争的資金等の外部資金による研究  Link
全件表示(6件)
■ 現在の専門分野
放射線科学 (キーワード:核医学)  Link
■ 著書
1. 単行本  FDG-PET imaging in haematological patients with pulmonary infiltrates, Pulmonary involvement in patients with hematological malignancies 2011/05 Link
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(総説)  全身用半導体SPECT/CTの可能性
-Discovery NM/CT 670 CZTの使用経験- 2018/10
2. 学術雑誌(原著)  Intracellular hypoxia measured by F-18 fluoromisonidazole positron emission tomography has prognostic impact in patients with estrogen-receptor positive breast cancer. 2018
3. 学術雑誌(症例報告)  18F-FES PET/CT correctly diagnosed 18F-FDG-avid inflammatory lymph nodes in a patient with estrogen receptor-positive breast cancer. 2018/02 Link
4. 学術雑誌(原著)  Quantification of osteoblastic activity in epiphyseal growth plates by quantitative bone SPECT/CT. 2018/01 Link
5. 学術雑誌(原著)  Skeletal standardized uptake values obtained by quantitative SPECT/CT as an osteoblastic biomarker for the discrimination of active bone metastasis in prostate cancer. 2017/10 Link
全件表示(30件)
■ 学会発表
1. CZT半導体カメラを用いた骨シンチグラフィ超短時間撮像の評価 (口頭発表,一般) 2018/03/03
2. エストロゲン受容エストロゲン受容体イメージング:FES-PETの現状と乳癌への臨床応用 (口頭発表,特別・招待講演等) 2018/01/27
3. 18F-FMISO PET/CT as a preoperative prognostic factor in patients with pancreas cancer (ポスター,一般) 2017/10/21
4. 膵臓癌術前評価における18F-FMISO PET/CT (口頭発表,一般) 2017/10/14
5. Quantification of osteoblastic activity of the epiphyseal plate by quantitative bone SPECT/CT (ポスター,一般) 2017/06/14
全件表示(15件)