(最終更新日:2019-02-13 15:15:56)
  マツシタ ショウ   MATSUSHITA Sho
  松下 祥
   所属   埼玉医科大学  医学部 免疫学
   職種   教授
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2003/04~2006/03  アレルギー性疾患または即時型アレルギーに及ぼす化学物質の影響に関する研究  
2. 2003/04~2006/03  アレルギー治療ワクチンの臨床試験に関する研究(3) その他の補助金・助成金 
3. 2003/04~2006/03  プロバイオティクスに関する研究 その他の補助金・助成金 
4. 2003/04~2006/03  自己免疫疾患の病因。病態解析と新たな治療法の開発  
5. 2003/04~2006/03  難治性自己免疫性間疾患の画期的治療法の開発に関する臨床研究  
全件表示(34件)
■ 著書
1. 単行本  HLAと抗原提示のしくみ「新版 臨床免疫学 第3版」 2014/07
2. 単行本  「リンパ球を用いた診断法の可能性、菊地博達編:「悪性高熱」」 2006/04
3. 単行本  「免疫力がアップする50の法則」 2005/04
4. その他  5項目担当「分子生物学・免疫学キーワード辞典」 2003
5. その他  日本人の免疫系「日本人の辞典」 2003
全件表示(27件)
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  IL-8 produced by T cells is under the control of dopamine signaling. 2018/11
2. 学術雑誌(原著)  Protein kinase C activation via serotonin receptor induces IL-8 in antigen-presenting cells stimulated with diazinon. 2018/11
3. 学術雑誌(総説)  ロドデノールによって誘発された白斑発症のメカニズムと今後の化粧品開発 2018/10
4. 学術雑誌(総説)  ロドデノール誘発性脱色素班は自己免疫機序により生じる 2018/08
5. 学術雑誌(原著)  Acetylcholine stored in dendritic cells plays a role in the differentiation of naive CD4+ T cells into a Th1 phenotype 2018/05
全件表示(284件)
■ 学会発表
1. Identification of the novel 3’UTR sequences of IL-21 mRNA as potential targets of miRNAs (口頭発表,一般) 2015/12/02
2. プロテオソーム解析によるTrypanosoma cruzi の種内変異の評価 (ポスター,一般) 2015/12/01
3. Berberine is a dopamine D1-, D2-like receptor antagonist and ameliorates experimentally induced colitis by suppressing innate and adaptive immune responses. (口頭発表,一般) 2015/11/08
4. HLA-A2 mutantからなる Single-chain trimerによる抗腫瘍免疫誘導の増強 (口頭発表,一般) 2014/08/01
5. 細胞障害性T細胞誘導剤を用いたがんCTLエピトープ特異的CTLの誘導 (口頭発表,一般) 2014/08/01
全件表示(89件)