(最終更新日:2019-02-04 19:53:42)
  マエヤマ アキヒコ   MAEYAMA Akihiko
  前山 昭彦
   所属   埼玉医科大学  医学部 麻酔科
   職種   准教授
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2006  脊髄くも膜下麻酔における音楽の作用とBISモにター、STAI 機関内共同研究 (キーワード:脊髄くも膜下麻酔、音楽、BISモニター、STAI)
2. 2013/05~  腎機能とスガマデクス 個人研究 (キーワード:腎機能、eGFR、スガマデクス)
■ 現在の専門分野
キーワード:麻酔 
■ 著書
1. 単行本  「II 外科領域リハビリテーションのための基礎知識〜『麻酔』」 2006/09
2. その他  EASY CAP(disposable CO2 detector)の使用経験「日本救急医学会関東誌」 1994/05
3. 単行本  周術期管理チームテキスト 第3版「周術期管理チームテキスト 第3版」 2016/06
4. 単行本  「『麻酔』『集中治療』臨床工学技士『イエロー・ノート』」 2013/08
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  脊髄くも膜下麻酔下手術時の音楽療法 2009/06
2. 学術雑誌(原著)  気管挿管におけるBONFILS気管挿管ファイバースコープとスタイレットスコープの比較検討 2009/10
3. 学術雑誌(総説)  新しい挿管困難用機材,BONFILS気管挿管ファイバースコープの紹介 2006/04
4. 学術雑誌(総説)  人工呼吸:人工呼吸中の加温加湿の注意点 2007/06
5. 学術雑誌(原著)  気道断裂損傷患者の麻酔管理にStyletScopeが有用であった1症例 2011/06
全件表示(9件)
■ 学会発表
1. 脊髄くも膜下麻酔下の音楽がBIS値と状態不安値(STAI-AT)に及ぼす影響 (ポスター,一般) 2008/06
2. Prolonged recovery time from muscle relaxation due to rocuronium in patients with severe chronic kidney disease using sugammadex. (ポスター,一般) 2014/06/02
3. Prolonged recovery time from rocuronium-induced muscle relaxation in patients with severe chronic kidney disease using sugammadex underDesflurane anesthesia (口頭発表,一般) 2015/06/01
4. Prolonged recovery time of PTC1to TOF100% from rocuronium induced muscle relaxation in patients with severe chronic kidney disease after receiving sugammadex in sevoflurane anaesthesia (口頭発表,一般) 2016/05/28
5. The recovery time of muscle relaxation from rocuronium using sugammadex was significantly prolonged in the most severe CKD group of hypoalbuminemia under sevoflurane anaestesia (口頭発表,一般) 2018/06/04
全件表示(18件)