(最終更新日:2019-01-31 11:36:07)
  ミタニ コウノスケ   MITANI Kohnosuke
  三谷 幸之介
   所属   埼玉医科大学  医学部 ゲノム医学研究センター
   職種   教授
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2014/04~2017/03  新規消化管アデノウイルスに由来する腫瘍溶解療法の大腸癌幹細胞モデルを用いた評価 基盤研究(C) 
2. 2015/04~2018/03  アデノウイルスベクター及びCRISPRを用いた受精卵における遺伝子組換えの効率化 基盤研究(C) 
3. 2016/04~2019/03  ヒト疾患モデルマーモセットを用いたゲノム編集による遺伝子修復治療技術の確立 基盤研究(C) 
4. 2004/01~  ウイルスベクターを用いた相同組換えによるヒト多能性幹細胞の染色体操作法の開発と研究用モデル細胞の創製 国内共同研究 (キーワード:遺伝子治療,胚性幹細胞,アデノウイルスベクター,相同組換え)
5. 2004/01~2009/03  ヘルパー依存型アデノウイルスベクター系の改良と哺乳類細胞相同組換えへの応用 国内共同研究 (キーワード:遺伝子治療、胚性幹細胞、アデノウイルスベクター、相同組換え)
全件表示(18件)
■ 現在の専門分野
人類遺伝学, ウイルス学 (キーワード:遺伝子治療、幹細胞治療、ウイルス学) 
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(その他)  ゲノム編集の臨床応用の概要 2018/02
2. 学術雑誌(その他)  ゲノム編集技術の導入による遺伝子治療の革命 2018/01
3. 学術雑誌(その他)  ゲノム編集の臨床応用に向けての課題 2017/12
4. 学術雑誌(その他)  ゲノム編集技術の臨床応用と限界 2017/12
5. 学術雑誌(その他)  遺伝子編集による遺伝子治療 2017/07
全件表示(59件)
■ 学会発表
1. ゲノム編集法と遺伝子治療 (口頭発表,特別・招待講演等) 2015/03/21
2. ヘルパー依存型アデノウイルスベクターを用いた分化細胞可視化とゲノム編集 (口頭発表,特別・招待講演等) 2015/03/21
3. ウイルスベクターを駆使したヒトiPS細胞誘導と遺伝子修復の時間的効率化 (口頭発表,一般) 2015/03/19
4. ウイルスベクターと人工制限酵素とを組み合わせたヒト多能性幹細胞における高効率遺伝子ターゲッティング法の開発 (ポスター,一般) 2013/12/03
5. ゲノム編集技術のヒト臨床応用の現状 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2018/06/20
全件表示(59件)
■ 取得特許
1. 2012/06/06 ヘルパー依存型アデノウイルスベクター、成熟骨芽細胞の可視化方法、及び成熟骨芽細胞の製造方法(PCT/JP2013/065679)
■ 提供可能な資源
ヘルパー依存型アデノウイルスベクター系
■ 専門医・専門性キーワード
専門医取得の有無:無し
遺伝子治療
ゲノム編集
ウイルスベクター
遺伝病
多能性幹細胞