(最終更新日:2019-02-12 19:59:49)
  モチダ サトシ   MOCHIDA Satoshi
  持田 智
   所属   埼玉医科大学  医学部 消化器内科・肝臓内科
   職種   教授
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2004/04~  B型重症肝炎の治療体系確立にむけた全国規模でのprospective study 国内共同研究 (キーワード:肝炎ウイルス,HBV,抗ウイルス療法,急性肝炎,劇症肝炎)
2. 2004/04~  わが国固有のE型肝炎に関する分子ウイルス学的研究 国内共同研究 (キーワード:肝炎ウイルス,HEV,劇症肝炎,疫学)
3. 2004/04~2005/03  劇症肝炎,遅発性肝不全の実態に関する全国調査 国内共同研究 (キーワード:劇症肝炎,急性肝不全,肝移植,疫学)
4. 2004/04~  急性肝不全の予後予測におけるHGF簡易測定キットの有用性に関する研究 国内共同研究 (キーワード:劇症肝炎,HGF,予後予測)
5. 2004/04~  画像診断による肝疾患進展度評価法の確立に関する研究 機関内共同研究 (キーワード:慢性肝炎,肝硬変,脂肪肝,画像診断)
全件表示(22件)
■ 現在の専門分野
消化器内科学、肝臓病学 (キーワード:消化器病、肝臓病、肝炎ウイルス、急性肝不全、肝移植、個別化医療、肝類洞壁細胞) 
■ 受賞履歴
1. 1992/06 財)日本肝臓学会 第5回研究奨励賞
2. 2004/06 第1回肝臓フォーラム(東部)奨励賞
■ 著書
1. 単行本  肝・胆・膵疾患 最近の動向「今日の治療指針 2018年版:わたしはこう治療している」 2018/01
2. 単行本  「序文.B型,C型肝炎の抗ウイルス療法:最前線の治療エッセンス」 2017/07
3. 単行本  「序文.肝疾患治療マニュアル」 2017/06
4. 単行本  B型・C型肝炎の最新治療戦略.どの治療を選択すべきか:オムニタスビル/パリタプレビル/リトナビル配合錠を用いた治療の進め方.「消化器の臨床」 2017/02
5. 単行本  「37 肝炎治療薬 Pocket Drugs 2017.」 2017/01
全件表示(125件)
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  Intractable Liver Diseases Study Group of Japan. Fulminant hepatitis and late onset hepatic failure in Japan. 2008/08
2. 学術雑誌(原著)  Re-evaluation of the Guideline published by the Acute Liver Failure Study Group of Japan in 1996 to determine the indications of liver transplantation in patients with fulminant hepatitis. 2008/10
3. 学術雑誌(原著)  Genetic Polymorphisms in Promoter Region of OsteopontinGgene May be a Marker Reflecting Hepatitis Activity in Chronic Hepatitis C Patients 2004/04
4. 学術雑誌(原著)  Transgenic Mice Expressing Osteopontin in Hepatocytes as a Model of Autoimmune Hepatitis. 2004/04
5. 学術雑誌(原著)  SNPs in the promoter region of the osteopontin gene as a marker predicting the efficacy of interferon-based therapies in patients with chronic hepatitis C. 2005/04
全件表示(785件)
■ 学会発表
1. ワークショップ「急性肝不全の現状と治療法の進歩」:わが国における急性肝不全の実態と課題 (口頭発表,一般) 2013/03/22
2. 白金製剤を用いた肝動注・肝動脈化学塞栓療法不応例における薬物変更による再治療の意義 (口頭発表,一般) 2013/03/21
3. Usefullness of Balloon-occluded Retrograde Transvenous Obliteration (B-RTO) in patients with paraumbilical venous shunt (口頭発表,一般) 2012/12/06
4. ワークショップ「肝疾患診療における病診連携の実態と問題点,そしてその解決方法」:埼玉県における肝疾患診療ネットワークの構築 (口頭発表,一般) 2012/12/06
5. Therapeutic efficacy of balloon-occluded retrograde transvenous obliteration (B-RTO) for hepatic encephalopathy in a patient with portosystemic shunts (口頭発表,一般) 2012/12/05
全件表示(118件)
■ 専門医・専門性キーワード
専門医取得の有無:有り
消化器内科
肝臓内科
肝炎ウイルス
肝不全
肝移植