(最終更新日:2019-04-12 13:18:55)
  ミウラ カヨ   MIURA KAyo
  三浦 佳代
   所属   埼玉医科大学  保健医療学部 理学療法学科
   職種   助教
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~  在宅脳卒中者の活動性向上を目的とした行動変容型計画介入の効果検証 若手研究 
2. 2018/04~  地域在住高齢者の生きがい感向上を目的とした支援事業方策の検討 その他の補助金・助成金 
■ 受賞履歴
1. 2013/08 The 5th Asian Congress of Health Psychology ヤングヘルスサイコロジスト賞
2. 2014/11 The 28th Conference of European Health Psychology Society ヤングヘルスサイコロジスト賞
3. 2014/11 日本健康心理学会第27回大会 研究発表奨励賞
4. 2015/06 第49回日本理学療法学会 学術大会長賞
5. 2017/03 生活科学系コンソーシアム 学術奨励賞
全件表示(6件)
■ 著書
1. 単行本  「行動変容を促すヘルス・コミュニケーション: 根拠に基づく健康情報の伝え方」 2018/08
2. 単行本  「シリーズ心理学と仕事12 健康心理学」 2017/09
3. その他  「在宅脳卒中者の活動性向上を支援する行動変容型介入プログラムの開発および評価(博士学位論文)」 2017/01
4. その他  健康心理学の実践 脳卒中リハビリテーションにおける健康心理学的アプローチ-活動的な生活への変容を目指して-「ヘルスサイコロジスト」 2016/03
5. その他  メンタルヘルス改善に及ぼす遊びの要因分析「平成25年度 日本体育協会スポーツ医・科学研究報告Ⅱ」 2014/04
全件表示(7件)
■ 学術雑誌
1. 学術雑誌(原著)  Health behavior stage and the prevence of health risk behaviors in inner Mongolian secondary school student: a cross-sectional study 2019/02
2. 学術雑誌(原著)  脳卒中者の活動性向上を目的とした介入プログラムの試行―介入時期に着目して 2019/02
3. 学術雑誌(原著)  Psychological reactance in smoking cessation among inner Mongolian students. 2018/09
4. 学術雑誌(原著)  在宅脳卒中者を対象とした活動および参加状況尺度の開発 2018/08
5. 学術雑誌(総説)  社会参加につなげるための支援―行動変容の視点からの提案― 2018/06
全件表示(17件)
■ 学会発表
1. Booklet-based intervention for activity, participation, and QOL improvement of stroke survivors: Quasi-experimental designs (ポスター,一般) 2018/08/24
2. Mental Health Promotion for Japanese City Employees (ポスター,一般) 2018/08/23
3. 在宅脳卒中者の活動性向上に用いられる行動変容技法ーThe behavior change technique taxonomy (v1)を用いた文献レビュー (ポスター,一般) 2018/06/23
4. ロコモティブシンドロームの重症度と認知機能の関連性について (口頭発表,一般) 2018/04/15
5. メンタルヘルス・プロモーションと目的としたeラーニング・プログラムの開発および評価:予備的研究 (ポスター,一般) 2017/09/03
全件表示(43件)
■ 専門医・専門性キーワード
専門医取得の有無:無し
リハビリテーション学
理学療法学
健康心理学
行動科学
地域理学療法学