アライ トモユキ   ARAI Tomoyuki
  新井 智之
   所属   埼玉医科大学  保健医療学部 理学療法学科
   職種   准教授
論文種別 学術雑誌(総説)
言語種別 日本語
査読の有無 査読なし
招待の有無 招待あり
表題 ロコモの評価と対策としてのロコトレの効果
掲載誌名 正式名:Medical Science Digest
略  称:Med Sci Digest
ISSNコード:13474340
掲載区分国内
出版社 ニュー・サイエンス社
巻・号・頁 45(6),362-365頁
著者・共著者 ◎新井智之
発行年月 2019/06
概要 ロコモティブシンドローム(ロコモ)は運動器の脆弱性を示す概念であり、超高齢社会を迎えた我が国では、ロコモへの対策が急務である。ロコモの予防・改善のためには、移動機能低下を総合的に評価し、適切な対策を講じることが重要である。ロコモの評価は3種類のロコモ度テスト(立ち上がりテスト、2ステップテスト、ロコモ25)で行い、ロコモ度を判定する。3種類のロコモ度テストは、垂直および水平方向の移動機能、運動器による痛みと生活動作能力を反映しており、移動機能を総合的に評価できる。ロコモ対策としては、運動が重要であり、なかでもロコモーショントレーニング(ロコトレ)は、介入研究の結果から、運動の継続率が高く、中高年の運動機能やロコモの改善に有用な手段である。ロコトレは、簡便で道具を使わず、コストのかからない運動であるため、地域の講習会や介護予防教室、診察室での運動指導など様々な場面で用いることができる。