アライ トモユキ   ARAI Tomoyuki
  新井 智之
   所属   埼玉医科大学  保健医療学部 理学療法学科
   職種   准教授
論文種別 学術雑誌(原著)
言語種別 日本語
査読の有無 査読あり
表題 高齢者の対する単発のロコモ講習会後の運動継続率-2ヶ月後と2年後の追跡アンケート調査から-
掲載誌名 正式名:日本骨粗鬆症雑誌
掲載区分国内
出版社 メディカルレビュー社
巻・号・頁 4(2),171-176頁
著者・共著者 新井智之、藤田博曉、丸谷康平、旭竜馬、森田泰裕、石橋英明
発行年月 2018/05
概要 方法:本講習会への参加を希望した462人(男206人、女256人、平均年齢69.7±5.3歳)を対象とした。ロコモ講習会は、1回を90分で行い、その中で運動機能測定に加えて、3種類のロコトレ(スクワット、片脚立ち、かかと上げ)とウォーキングの指導を行った。その後の運動指導や介入を行わず、2ヵ月後と2年後にアンケートを郵送し、対象者の運動の実施状況を調査した。結果:講習会2ヵ月後のアンケートの回収率は65.6%、2年後の回収率は83.1%であった。ウォーキングの実施頻度について、週2回以上運動していたものの割合は、講習会開催前45.8%であったが、2ヵ月後は67.0%、2年後は61.5%と増加した。一方、講習会後に週2回以上ロコトレを実施していた人の割合は、2ヵ月後で65.6%、2年後でも47.4%であった。また約40%の対象者は、ロコトレを実施していなかった。結論ロコモ講習会は費用対効果を考えても、中高年者の運動実施率を高める方策として有用な可能性がある。。