イタザワ トシコ   ITAZAWA TOSHIKO
  板澤 寿子
   所属   埼玉医科大学  医学部 小児科(小児科、新生児科)
   職種   准教授
論文種別 学術雑誌(その他)
言語種別 日本語
査読の有無 査読あり
表題 喘息死委員会レポート2017
掲載誌名 正式名:日本小児アレルギー学会誌
ISSNコード:09142649
掲載区分国内
出版社 (一社)日本小児アレルギー学会
巻・号・頁 32(4),739-745頁
著者・共著者 楠 隆,赤澤 晃,荒川 浩一,今井 孝成,大矢 幸弘,板澤 寿子,長尾 みづほ,福田 啓伸,二村 昌樹,吉田 幸一,小田嶋 博,西間 三馨,松井 猛彦,日本小児アレルギー学会疫学委員会(喘息死検討部会)
発行年月 2018/10
概要 日本小児アレルギー学会・喘息死委員会宛てに1989〜2017年10月までに気管支喘息に罹患していて死亡し登録された症例は新規登録6名を加えて252例で、対象外を除いた219例について解析した。男女比は136/83(1.6/1)であった。死亡年齢は0〜3歳、12〜16歳の思春期にピークがみられた。都道府県別では、東京24例、愛知16例、福岡15例などの順となっていた。喘息の型はアトピー型が47%で約半数を占め、季節性では通年性が38%であった。死亡前1年間の重症度は、重症26%、中等症18%、軽症18%、不明・未記入38%であった。不明・未記入の割合が1999年までは34%に対し、2000年以降は53%と増加していた。入院回数は0回37%、1回15%、2回5%、3回以上14%、不明・未記入29%であった。受診時の状況は、受診時死亡例(dead on arrival:DOA)が58.2%、死因は窒息が59.6%でいずれも最も多かった。(著者抄録)